サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【アルミ製と言えば】エアストリーム 最高級キャンピングトレーラー、キャラベル/バンビを撮影 JCCS2020

ここから本文です

【アルミ製と言えば】エアストリーム 最高級キャンピングトレーラー、キャラベル/バンビを撮影 JCCS2020

キャンピングカーのロールス

text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典)/編集部

【画像】エアストリーム・キャラベル/バンビ/ベースキャンプ【実車】 全44枚

1931年にワーリー・バイアムによって生み出されたアメリカン最高級キャンピングトレーラー「エアストリーム」は、オールアルミ製ボディの修理メンテナンスと内装のリフォームが可能であるというサステナビリティから、誰もが憧れるステータス・カーとなっている。

キャンピングカー界のロールス・ロイスと称されることもある「一生以上モノ」のトレーラーである。

ジャパンキャンピングカーショー2020の「エアストリームジャパン」ブースに展示された2モデルからも、その品質の高さを窺い知ることができた。

キャラベル22FB(Caravel)

車体が大きいほうの「キャラベル(Caravel)」は、1軸(シングル・アクスル)の上位機種として誕生したモデルだ。

すでに生産終了となっているスポーツ16-22、フライングクラウド19-20にあったシングル・アクスル・モデルの間取りをそのまま踏襲し、ボディの長さが異なる16・19・20・22フィートを展開。展示車は「キャラベル22FB」。

内装の質感をモダンアーバンとし、インバーターや2wayボイラー、パワージャッキなど、今まで上位機種にしか付いていなかった各種装備をシングル・アクスル・モデルとして初めて標準搭載。

上位機種として相応しい高級感のある仕上がりで、現在、「キャラベル」がコンパクトモデル・ラインナップにおけるフラッグシップとなっている。

バンビ16RB(Bambi)

もう1台のバンビ(Bambi)は、生産終了となったスポーツ16-22とフライングクラウド19-20の正当後継機種として、最新設備を携えて現代に復活したエントリーモデル。

こちらも先達の間取りを踏襲しつつ、16・19・20・22フィートを展開。展示車は「バンビ16RB」。

その特徴は、エアストリーム・ラインナップにおける小型軽量仕様であることだ。

ベースキャンプ(Basecamp)

また、今回のジャパンキャンピングカーショーではコンセプトゾーンが設けられ、さまざまなテーマに沿った具体的な遊び方を提案した。

日本で唯一のエアストリーム正規輸入元、総販売代理店であるエアストリームジャパンは、スノーフィールド・ゾーンにノースウエスト製ハイパーデルタ(クローラー)を装着したトヨタ・ランドクルーザー70ピックアップとソリを付けた小型軽量モデルの「ベースキャンプ」を展示した。

25フィートのナロー 再販か

エアストリームジャパンのスタッフによると、ファンの間で根強い人気があるのは25フィートらしく、日本の車検に適合させた25フィートのナローボディ仕様を本社に直接オーダー。

これを“エアストリームジャパン専用モデル”としてデリバリーしているのだという。

再び販売する予定があるとのことだったので、気になる方は最新情報を随時チェックするといいだろう。

エアストリームのオーナーとして各地を巡り、飛行機と同じ発想で造られているからこそ実現できた圧倒的な耐久性を実感してみてほしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します