サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 旧車のレストアについて考える[part6:エンジンを降ろす]

ここから本文です

旧車を維持していくうえで、最近は2極化が進んでいると感じることが増えてきた。

まず一方は「生活に余裕があり、そして旧車への情熱が並々ならぬ人」。

生産終了から44年。「成層圏」の名を冠するランチア・ストラトス試乗&助手席インプレッション

そしてもう一方は、「旧車がたまらなく好きで、その維持のためなら努力を怠らない人」だ。

この場合、ある程度の修理は自分でやることが鉄則となる。著者の周囲には、どちらかと言うと後者の方が多いように思う。

旧車を維持していくうえでの難関は「エンジンを降ろすところ」ではないか?経験上、そう思うところがあり、今回はその点を中心に話を進めていきたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ