サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ジャン・トッドFIA会長、F1開催数増加への批判に反論「我々は幸せな仕事に就いているということを認識すべき」

ここから本文です

 2020年のF1は、ベトナムとオランダが新たに開催カレンダー入りし、ドイツGPが開催されなくなったことで、全22戦で行なわれる。これは、史上最多の開催数だ。将来に向けてはこの開催数をさらに増やし、25戦まで拡大させることが目指されている。

 この開催数の増大により、すべてのレースに帯同しなければならない人々により多くのプレッシャーがかかることが懸念されている。チームはそのプレッシャーを軽減すべく、スタッフを交代制にすることを検討している。

■F1史上最多22戦。2020年のグランプリ開催カレンダーをFIAが承認

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは、開催数の増加に伴う人々の”摩耗”について認識。

おすすめのニュース

サイトトップへ