サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 次期WEC用マシン「GRスーパースポーツ」がル・マンで初披露

ここから本文です
2020-2021年シーズンの世界耐久選手権は現在のLMP1規則から新規則のLMハイパーカーに切り替わります。このため、2016年から5年間使用され続けていたトヨタGAZOOレーシングのTS050ハイブリッドは今シーズン限りです。

そしてトヨタが兼ねてから発表していたように、ドイツのTMGで開発しているハイパーカー「GRスーパースポーツ」(仮称)は、これまでにも富士スピードウェイなどでテストを繰り返していましたが、今回のル・マン24時間レースで「GRスーパースポーツ」のプロトタイプのデモ走行が行なわれました。

おすすめのニュース

サイトトップへ