サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 西川淳の「SUV嫌いに効くクスリをください」 メルセデス・ベンツ G400dの巻

ここから本文です

西川淳の「SUV嫌いに効くクスリをください」 メルセデス・ベンツ G400dの巻

一番人気のディーゼル、新グレードを買って損はない

かなり人気者である、泣く子も黙るGクラス。中でも最も人気で、中古車市場ではかなりのプレミアム価格になっているというG400dを、友人が買ったというのでちょいと味見させてもらうことに。あまりの人気ぶりに、広報車としておろす余裕すらないらしい。売れまくっているのだから、そもそも宣伝する必要すらないということか……。

メルセデス・ベンツ Gクラス(現行型)のカタログはこちら

新型となってオンロード性能が格段に上がったGクラス。当初から人気グレードは3L直6ディーゼルターボ(OM656)エンジン搭載モデルのG350dだった。新グレードのG400dも基本的には同じメカニズムを採用するが、350dに比べてエンジンスペックが大幅に引き上げられた。最高出力は+44ps、重要な最大トルクに至っては+100N・mも向上している。350dでもすでに十二分なパフォーマンスだったのに、そこからさらにトルクアップ。それでいてお値段はエントリーで38万円高というから、350dオーナーの嘆き節が聞こえてきそう。 人気の現行モデルとはいえもうかなり見慣れたし、乗りなれてもいる。友人に乗っている人が多いのだ。特にスーパーカーオーナーが好んで乗っている、AMGとか。こんなに背の高いモデルを普段から乗りこなしていれば、スーパーカーの平べったさをいっそう強烈に味わえることだろう。なるほど、それが狙いか(笑)。

細長く背の高い車に乗っかったという感覚は、今やGクラスとランドクルーザープラドくらいでしか味わえない。筆者のSUV嫌いの原体験はまさにこの感覚にあった。いわゆる昔のクロカン四駆系のモデルにはいつも横倒れしそうな感じがあり、それに嫌悪感を抱いたわけだ。加えて、オフロード重視タイヤのゴツゴツとした転がり方も嫌だった。それを変えたのがBMW X5だったけれど、それでも高い位置に座らされると、不安定な感じがあって苦手意識が芽生える。要するに、筆者はささいな高さにもびびってしまう高所恐怖症なのである!

それゆえ、コクピットへよじ登るようにして入るGクラスは、もうその時点でちょっと心が震える。どうしてわざわざ路面から遠いところへ行かねばならない? 道路を走る車なのに? オフロードなんてもう走らないくせに? SUVとは“理不尽”の塊だ。

世間的にはそんな理不尽が好まれる。視界が高く、広いという優越感。それは分かる。Gクラスあたりだと、街中を走っていて高さで負ける車がほとんどない。だから安心だ。背の高い車ばかりになった昨今、頭一つ抜けている高さは重要なのだろう。 走り出して驚いた。現行になって車体の一体感は増していたけれど、それでも高さと重量を感じさせる“ゲレンデ”独特の乗り味が残っていた。400dではそれがさらに薄れている。もはやタイヤのタッパを感じさせることもほとんどなく、路面に対して実にスムーズ。コーナリングも滑らかで上質だ。いかん、これは気に入ってしまいそうだ(否、それがこの企画の目的でもあるのだが)。

プラス100N・mの700N・mという最大トルクが効いている。走っている時の車体を、小さくまとまって感じることができるのだ。それゆえ、クロカン四駆にありがちな“もっさり感”(ジムニーにだってある)が消え失せ、意のままに動くというドライブフィールが得られた。思いどおりに加速できるので、コーナリング中の後揺れも感じる隙がない。いやはや、さすがにメルセデス・ベンツというべきで、無類の完成度を誇っている。

ここ一発の加速フィールも圧倒的だ。防音防振対策も効いているのだろう。ディーゼルエンジンの大型SUVに乗っているという感覚が希薄で、出足の鋭さ不足とサウンド以外はまるでAMG63(最大トルク850N・m)のような加速である。400dがあればG63など要らないと思った。 名実ともにSUVの頂点に君臨するGクラス。ベスト&ロングセラーモデルであるがゆえ、さほど珍しくはないという点はマイナスポイントになるけれど、買わない理由があるとすれば逆にそれくらいのもので、ボディサイズさえ自身の生活圏に適合するのであれば、そして運よく買うチャンスに恵まれるのであれば、いろんな意味で買っておいて損はないモデルであると言っていい。

BEV化も早々に発表された。つまりGクラスは世界で人気のSUVである。今のうちによくできた(おそらく最後の)ストレート6ディーゼルを楽しむもよし、過激なAMG63ユニットを堪能するもよし。メルセデスといえど高額車両はリセールバリューに難あり、な今、値オチの少ない限られたモデルであることは間違いない。

それだけ大きな人気に支えられているという訳で、そんなに好きな人が多いのなら、何も背の高い車の嫌いなボクが無理して買う必要もないか、と自ら納得させておこう。 メルセデス・ベンツ Gクラス(現行型)の中古車を見る文/西川淳 写真/柳田由人

 メルセデス・ベンツ Gクラス(現行型)のカタログはこちらカーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します