サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レベル3の自動運転を可能にする第3世代LiDAR発表、2024年車載化へ…ヴァレオ

ここから本文です

ヴァレオ(Valeo)は11月23日、第3世代の「スキャニングLiDAR」を発表した。2024年に、市販モデルに搭載される予定だ。

ヴァレオは、すでに15万基以上のスキャニングLiDARを生産しており、世界中のスキャニングLiDARスキャナー搭載車の99%がヴァレオ製だ。2030年までに新たな高級車の最大30%がレベル3の自動運転を可能にするとみられ、そのためにはLiDAR技術の搭載が不可欠となる。

ヴァレオの第3世代LiDARは、領域、解像度、フレームレートの点で高い性能を発揮する。

おすすめのニュース

サイトトップへ