サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「4ポッド・6ポッド」に「片押し・対向」! ゴツければ最高なワケじゃないディスクブレーキとは

ここから本文です

 動力性能の高いクルマほどブレーキ容量が必要になる

 スポーツモデルのブレーキには、対向式の4ポットキャリパーを装着している車種が多く、なかにはR35GT-RやスバルのWRX STI、レクサスLC500、F SPORTのように、6ポットキャリパーを純正採用しているクルマもある。

「ACC」のせいというウワサも! 高速でやたら「ブレーキランプ」が連灯するクルマを見かけるワケ

 ではなぜ、ハイパフォーマンスカーほどポット数の多いブレーキキャリパーを採用するのか。

 それは車重が重いクルマ、動力性能の高いクルマほど、ブレーキ容量が必要になるからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン