サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スズキのMotoGP参戦継続は”ノーチャンス”。チームマネージャー「状況は変わっていない」

ここから本文です

 今季限りでのMotoGP撤退を検討しているスズキ。チームマネージャーのリヴィオ・スッポは、2023年のスズキ参戦継続は”ノーチャンス”だと語った。

 5月のスペインGP後、スズキは2022年末でMotoGPプロジェクトを終了することをレースチームに伝えたという衝撃的なニュースが駆け巡った。一方、MotoGPを運営するドルナ・スポーツは一方的な撤退は認められないと通達した。

■「MotoGPにとって良くない」「酷い話」「スタッフが心配」突然のスズキ撤退にライダーも困惑

 その後、スズキはフランスGPの際、2026年までのMotoGP参戦契約の終了についてドルナと協議に入ったことを発表。その理由として財政的な理由と市場動向の変化を挙げている。

おすすめのニュース

サイトトップへ