サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル フォレスターでゆく大井川水系のダム巡り。アップダウンや吊り橋ありのロングツーリング

ここから本文です

スバル フォレスターでゆく大井川水系のダム巡り。アップダウンや吊り橋ありのロングツーリング

東京から高速道路に乗れば2時間半ほどで行ける静岡県中部に位置する大井川。南アルプスを源流とし、その奥大井は豊かな自然を体感できる。数多くの吊り橋やダムが存在する、新緑の奥大井をスバル フォレスター SPORTで巡ってきた。(Motor Magazine2021年6月号より)

タイトル写真:井川ダム(静岡市)。日本初の中空重力式コンクリ-トダムで堤高103メートルと巨大な建造物だ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

新開発ターボエンジンを搭載したスポーツモデル
2004年に発行された当時の富士重工業(現スバル)の50年史をめくってみると、4WDモデルを開発するきっかけは、意外なところからの要望だったという。

1968年、東北電力では送電線補修作業用として、今で言うクロカン四駆、ヘビーデューティ4WDを利用していたが、車体が大きく重いことから運転のしにくさや、乗り心地の悪さがネックとなっていた。整備性や経済性にも問題を抱えていたことから、当時使っていた乗用車タイプのスバル1000バンを4WD化できないものか、と宮城スバル自動車に打診したことから歴史は始まった。

宮城スバルが独自に改造車を製作し、雪道テストを行った後に、1971年にはスバル技術本部に専門の4WDチームを発足させ開発を本格化。1972年9月にスバルのコア技術である初の4WDモデルとして「レオーネ4WDエステートバン」がデビュー。当時、事業用として月販100台程度だったものが、現在ではスバルの屋台骨を支える基幹技術となり、世界を代表する4WDメーカーに成長したのである。

50年の時が流れて、スバルの4WDラインナップは充実し、世界の道路で大きな信頼を得ている。中でも昨今、世界的な潮流となっているSUVモデルとして、1997年にデビューしたフォレスターはすでに5代目へと進化して、2020年秋にはレヴォーグと同じ新開発の1.8Lターボユニットを搭載する「SPORT」をラインアップ。

SUVらしいたっぷりとしたロードクリアランスと広いキャビンスペースのボディには、シンメトリーな水平対向エンジンに、8速へとアップデートされたリニアトロニックとフルタイム4WDが組み合わされ、スバルのDNAに刻まれている本格4WDの機動力を持ちながら、上質な乗り味を身につけた。

ダムを巡りながら南アルプスの麓を目指して
今回はこの最新のSUVモデルで、スバル4WDの起源でもある、東北電力で活躍した現地への訪問を目指したがまだ残雪期ゆえ、中部電力のお膝元に急遽変更。大井川水系のダムを巡りながら、南アルプスの麓を目指すことにした。

当日は幸いにして中部地方は好天に恵まれ、早朝から西に進路をとった。東名高速のおよそ200kmの移動では、新開発の1.8Lターボエンジンと8速リニアトロニックによって、100km/h巡航では1500rpm付近をキープ。追い越しや緩加速時には即座にパワーが立ち上がり、無駄な変速をせずに滑らかな走りをキープ。スポーツモードを選ぶと今度はひとつ下のポジションを即座に選択、力強い加速に移ることもできる。

桜のシーズンも終盤を迎えたことで順調に静岡を通過し、大井川水系の入り口ともなる大井川焼津藤枝インターを降りたときはまだ朝食時間のタイミング。藤枝市周辺には駅の立ち食いうどんならぬ朝ラーメンの店が多くあると聞き、常連さんにならって温かいのと冷たい2杯をペロリとたいらげた。

腹ごしらえしたあとは一気に大井川の源流を目指す。大井川鐵道の始発駅である金谷駅から国道473号線、県道63号線でひとまず千頭駅までは47kmほど。大井川を右に左に見ながら北上するが、水量は少なくのどかな河原には早くも多くの鯉のぼりが空に泳いでいた。

荒々しさはないが低回転から高回転まで安定した力強さ
緩やかなアップダウンが続くドライブの中ではフォレスターの走りは安定感に富み、3人乗車の走りは快適だ。スポーツグレードの追加とともに復活したこの1.8Lターボエンジンは、従来の280psユニットとは異なり、急激なパワーの盛り上がりやトップエンドでパンチ力を発揮するような荒々しさはない。

強力なパワーを期待していると少し物足りないかもしれないが、ごく低速域からでもスッと滑り出るかのような加速感と、それが息長く続くところがいい。低回転から高回転まで安定した力強さを発揮してくれるエンジンは、緩やかなアップダウンにも柔軟に対応してくれる。それでいながらエンジン内部の徹底した軽量化と低フリクション化によって、瞬発力も同時に実現する。シュンと吹け上がるとともに直線的に高回転域まで伸びていく。粘り強さと軽快さの両立が見事だ。

千頭駅前に到着。大井川鐵道は、ここから大井川本線から井川線となり、車両はふた回りくらいサイズダウンする。終点の井川駅までの間には、ラック&ピニオンのようにギアを介して走行するアプト式が日本で唯一残され、1000mの距離で高低差が90mという急勾配を走行する。線路そのものの開設は1935年と古く、ダム建設用の資材運搬とともに木材輸送の線路としても活用された。

タイトコーナーでもレスポンスの良いパドルシフト
井川線同様に我々も千頭駅からは県道号線と388号線を通って最初の目的地である長島ダムを目指す。路面は舗装され、ガードレールも整備されていることから不安はないものの、上りが続くことで通常よりも低いシフトポジションを選択。

低速トルクが十分とは言え、タイトコーナーを前にするとシフトダウンが必要となる。パドルシフトはレスポンスが良く、ベルト駆動ゆえに力が途切れる感じがなく滑らかにパワーを伝え続けてくれる。

ハンドリング的にも以前試乗したe-BOXERモデルに比べて、操作に対する動き出しが速くて収まりも良い。狭いワインディングロードを走っているときには、この反応の良さと無駄のない動きが進路を定めやすくて安心だ。

長島ダムは、堰き止めている幅である堤頂長が今回の中で最長となる308m。その脇には井川線の長島ダム駅があり、アプト式機関車の連結場所になっている急勾配のポイント。1989年から2002年にかけて建造された比較的新しいダムだ。

そこから県道388号、60号線を通ってさらに奥深く進んでいくと井川ダムと畑薙第二、第一ダムが控えている。どちらも1952年から1962年に渡って建設され、まさに今の井川線が資材運搬鉄道として活躍していた時期だろう。フォレスターは長島ダムからさらに30kmほど進むことになるが、道路も当時を偲ぶように山側は岩肌が無骨に飛び出し、谷側は大井川までの標高差が深くて急である。幾多の困難を乗り越えて山を削り取って道を作ったであろうことがわかる。

次に井川ダムが見えてくる。井川ダムは堤高100mを超える巨大ダムだ。そこからさらに北上すると井川大橋がある。この橋は井川湖にかかる吊り橋で、クルマも渡ることができる。しかし、重量2トンまで、車両も1台ずつでないと渡れない橋である。対岸からクルマが来ないことを確認して、ゆっくりとクルマを進めるが湖面からも高さがあり、スリル満点だ。そのスリルを味わった後、再び吊り橋を渡って、元の道へと戻り北上を続ける。

この狭くて自然を残した山道で度々作業車と行き交うが、意外にもフォレスターはボンネット先までしっかりと見えることや四角張ったフォルムによって、路肩に寄せていくことがたやすい。また、背の高さから視認性も良くて、アイポイントの高さのメリットも実感した。

畑薙第二、第一ダムとふたつのダムを越えると正面には雄大な南アルプスが迫り、その力強さに圧倒される。県道60号線はそこで終点となり、この先はクルマで進むことができない。現在行われている新規事業の開発関係者や登山目的の人のみ入ることができる。

大自然の力強さを前に言葉を失う中、その懐深くにリニア新幹線が長いトンネルを抜け、名古屋と東京を結ぶ時代が来るのかと思うと、時の流れを改めて実感させられるのであった。(文:瀬在仁志/写真:井上雅行)

スバル フォレスターSPORT主要諸元
●全長×全幅×全高:4625×1815×1715mm*
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1570kg*
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1795cc
●最高出力:130kW(177ps)/5200-5600rpm
●最大トルク:300Nm/1600-3600rpm
●トランスミッション:CVT(8速リニアトロニック)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:レギュラー・63L
●WLTCモード燃費:13.6km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):328万9000円
*取材車はオプション装着により全高1730mm、車両重量1590kg

[ アルバム : 日本自動車紀行・スバル フォレスター はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します