サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > よく知らないかも…フレーム形状ごとにメリット・デメリットはあるのか?

ここから本文です

 バイクのフレームは、動物の骨格にあたる役割をしているほか、エンジンやトランスミッションなどの主要な部品を載せるための土台でもあります。フレームが強度不足では最悪フレームが折れてしまい、剛性不足だとスピードを出して走る際に安定性が低下したり、ねじれが生じたりしてしまい非常に危険です。

 したがって、フレームにはバイクに要求される「強度」と「剛性」が求められます。加えて、生産性や販売価格を考慮した「製造コスト」も条件に入るでしょう。

カワサキ「Z125」「Ninja125」新型公開! 希少なフルサイズ原付二種スポーツモデル登場

 そんなバイクのフレームは、バイクの用途や種類ごとに採用されている形状が異なります。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン