サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ニューモデル写真蔵】「トヨタ ライズ」はデビュー以来、高人気を継続中のコンパクトSUV

ここから本文です

【ニューモデル写真蔵】「トヨタ ライズ」はデビュー以来、高人気を継続中のコンパクトSUV

【ニューモデル写真蔵】「トヨタ ライズ」はデビュー以来、高人気を継続中のコンパクトSUV

2019年11月に、ダイハツとの共同開発で登場したトヨタのコンパクトSUV「ライズ」。ダイハツ版はロッキーだが、ここではライズのディテールを紹介しよう。

毎日を盛り上げる、アクティブなコンパクトSUV
2019年11月にダイハツ ロッキーとともに発売されたトヨタ ライズは、2020年1月には早くも新車登録台数の1位に躍り出て、その後も首位の座はカローラやヤリスに譲ったものの好調な販売を続けている。ライズ(RAIZE)という車名は、英語のRISEとRAISEからの造語で、毎日を「盛り上げる」アクティブなクルマであることを表現しているという。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

前述のようにダイハツ ロッキーとは姉妹車にあたるが、エンブレムを変えただけの双子車ではなく、フロントマスクは別デザイン。薄型LEDヘッドランプや台形のロアグリルなどが、C-HRなどと似たトヨタのSUVらしい顔つきとしている。5ナンバー枠に収まるコンパクトなサイズだが、SUVらしい堂々としたスタイルだ。

インテリアも、デジタル速度計と液晶ディスプレイを組み合わせたメーター、ドライバーオリエンテッドなインパネなど、クオリティの高いもの。室内の広さも十分で、クラス トップレベルの広さを誇るラゲッジスペースは可動式のデッキボードも備え、使い勝手は高い。

搭載エンジンは、1.0Lの直3 DOHCターボ。これにスプリットギヤを採用したCVTを組み合わせる。駆動方式は、FFと4WDを設定している。全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールやスマートパーキングアシスト(駐車支援システム)といった安全技術や、ディスプレイオーディオなどの先進機能も充実している。

ライズ Z 主要諸元
●全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
●ホイールベース:2525mm
●重量:980kg
●エンジン型式・種類:1KR-VET型・直3 DOHCターボ
●排気量:996cc
●最高出力:72kW<98ps>/6000rpm
●最大トルク:140Nm<14.3kgm>/2400-4000rpm
●トランスミッション:CVT
●WLTCモード燃費:18.6km/L
●タイヤサイズ:195/60R17
●税込み車両価格:206万円

[ アルバム : トヨタ ライズ はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します