サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中古車事業者、5割が価格高騰でオークションでの仕入れ困難 新車供給遅延による“タマ”不足響く ナビクル調べ

ここから本文です
 中古車一括査定サイト「ナビクル」を運営するエイチームライフデザイン(間瀬文雄社長、名古屋市中村区)が買取事業者を対象に実施した「中古車売買に関する意識調査」によると、今年に入り「中古を高く買い取るようになった」と回答する事業者が半数に上ることが分かった。中古車の〝タマ〟不足が長引いている影響で中古車オークション(AA)での仕入れが困難になっているとの回答も半数を超えている。仕入れ価格が上がれば事業者の資金繰りや利幅にも響くため、これ以上の価格高騰を懸念する状況が浮き彫りとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン