サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【SUPER GT × DTM 交流戦】日曜のレース2はホンダ勢対DTM軍の様相に…NSXを駆る元F1戦士カーティケヤンが優勝

ここから本文です
日本初開催の「SUPER GT × DTM 特別交流戦」は24日、富士スピードウェイにてレースウイーク最終日を迎え、この日は「レース2」の予選&決勝が行なわれた。ホンダNSXを駆る元F1ドライバー、インド出身のナレイン・カーティケヤンが優勝を飾っている。

日欧トップシリーズによる日本初競演の“勝負本番2日目”は、前日と同じフォーマットに基づく「レース2」の実施日。SUPER GT/GT500クラスマシン15台とDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)マシン7台、計22台がこの日も全車ハンコック製ワンメイクタイヤを履いて競う。

おすすめのニュース

サイトトップへ