サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 内燃機関へのオマージュ!? ロータス”最高で最後のミドシップエンジン車”が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌

ここから本文です

 ロータスカーズが、7月6日(現地時間)、新型車「エミーラ(Emira)」を世界初公開した。このモデルは、同ブランド最後のミドシップエンジンモデルであり、最後の内燃機関搭載スポーツモデルになるという。

文/室井 圭 写真/ロータスカーズ

約3億3000万円超、世界限定150台! 空力の鬼才エイドリアン・ニューエイが作り上げた、「アストンマーチン・ヴァルキリー」【レースカーデザイナーが手掛けたスーパーカー】

【画像ギャラリー】内燃機関へのオマージュ!? ロータス"最高で最後のミドシップエンジン車"が遂にベールを脱いだ! 新型スポーツモデル「エミーラ」の全貌

美しさと、機能性を兼ね備えたエクステリア デザイン

エミーラのエクステリアは、エヴァイヤのデザインの特徴を踏襲。

おすすめのニュース

サイトトップへ