サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ジョージ・ラッセル インタビュー(2)「ルクレールやフェルスタッペンのような好敵手がいたからF1に辿り着くことができた」

ここから本文です
 2018年のFIA-F2選手権でチャンピオンとなったジョージ・ラッセルだが、2019年、低迷するウイリアムズでF1にデビューしたことで、シーズンを通して後方を走り続けることしかできなかった。一方、2018年F2でランキング2位のランド・ノリスや3位のアレクサンダー・アルボンは、それぞれF1デビューシーズンに優れたパフォーマンスを発揮し、高い評価を受けた。また幼いころに競い合っていたマックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールはすでにトップチームで優勝争いをしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ