サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 悩めるルノーF1、テクニカルディレクターの離脱を発表。技術部門の大規模再編が続く

ここから本文です

 ルノーF1チームは、6日、シャシー部門のテクニカルディレクターを務めたニック・チェスターがチームを離脱することを発表した。

 チェスターは19年にわたりルノーで働き、技術面でチームを支えてきた人物。2019年シーズンに期待どおりのパフォーマンスを発揮できなかったルノーは、11月にディルク・デ・ビアを空力ボスに起用すること、2020年にパット・フライが加入することを発表している。チェスターの離脱についてチームは「シャシー部門の大規模な再編プラン」の一環であると述べている。

元マクラーレンのエンジニアリングディレクター、パット・フライがルノーF1加入。技術部門の変革続く

 チェスターはガーデニング休暇に入っており、それが終了した後、正式にチームを去ることになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ