サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予算上限の決定はF1新規参戦の助長となるか。利点は「最大支出額を把握できること」とハースF1代表

ここから本文です
 ハースF1チームのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、2021年シーズンよりF1に予算制限が正式に導入されることで、将来のF1参入に関心のあるマニュファクチャラー候補が目安を立てることができると述べている。

 F1上層部、FIAおよび各チームは、2021年から予算制限を実施することで合意した。来年の上限額は当初の設定金額より3000万ドル(約32億3400万円)引き下げられ、1億4500万ドル(約156億3000万円)に設定された。上限額は段階的に引き下げられ、2023年には1億3500万ドル(約145億5400万円)になる予定だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ