サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 買い占め?? 読み違い??? シビックタイプRはなぜあっという間に買えなくなったのか?

ここから本文です

買い占め?? 読み違い??? シビックタイプRはなぜあっという間に買えなくなったのか?

 2020年1月にマイナーチェンジが発表された、ホンダのシビックタイプR。しかしコロナ禍で当初の予定から2020年10月9日に発売がずれ込むと、国内200台限定発売の「リミテッド」のみならず、本来なら通年販売となるはずのノーマルタイプまで瞬く間に「売り切れ」となってしまった。

 なぜこのような事態に陥ってしまったのか? コロナ禍以外にも背景があったのか? その「ホントのところ」をホンダ広報、販売店へ聞いてみた。

発売を熱望! 日本にも導入してほしい魅力的ルノー車5選!

※本稿は2021年3月のものです
文/ベストカー編集部 写真/HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2021年4月10日号

【画像ギャラリー】キャンセル待ちに一縷の望みを託すか…!? “即完”シビックタイプRをギャラリーで眺める

■幻の高性能車となってしまったタイプR

 NSX、インテグラに続く「タイプR」シリーズ第3弾として初代シビックタイプRが登場したのが1997年。185psを発生する1.6L NAエンジンは好評をもって受け入れられ、その後2代目、3代目と速さを極めていく。

 歴代初となるターボエンジンを搭載したのが、2015年に発売された4代目。そして今回の主役である5代目は2017年7月に発表された。

 搭載するK20C型エンジンの出力は320ps。リアサスは先代のトーションビームからマルチリンクへ変更され、その走りはさらに進化した。

 そして昨年10月8日、マイナーチェンジモデルが発表された。

 フロントグリル開口面積拡大による冷却性向上、2ピースフローティングディスクブレーキの採用、そしてサスシステムのアップデート。

 FFスポーツとしては至高の域に達する走りを見せたのだが、ここで異変が起きる。

 買えないのである。

ノーマルのシビックタイプR。ボディカラーは写真のチャンピオンシップホワイトのほか、ブルーなど4色が用意された。475万2000円

■英国工場閉鎖と「優秀なディーラー」のWパンチ??

 軽量化に専用セッティングとされたダンパーシステム&EPSなど、さらにチューンが進んだ200台限定モデル「リミテッドエディション」が買えないというのなら、わかる。

 実際、リミテッドエディションは10月8日の発表から瞬く間にWEB抽選用の10台を除く190台が完売した。

 だがノーマルモデルも買えないのである。ノーマルモデルは限定ではなく通年販売が行われるモデル。

 にもかかわらずホンダのホームページを見ると「ご好評につき、予定していた販売台数が全て終了致しました」との表記で、もう新車購入できない旨が伝えられている。なぜこうなったのか。

ホンダのホームページ。普通に車種ラインナップに載ってるので勘違いしがちだが、クリックすると販売終了を教えてくれる。「おっ!」と思ってしまった人も多い?

■ホンダ広報に直撃

「今年でタイプRを生産していたイギリス工場が閉鎖されることが決まっているなかで、どうしても生産台数に上限があるというのは事実です。そのなかで最大限日本向けの台数を確保したつもりだったのですが、想定以上に注文をいただきまして……」

──具体的に何台日本向けに確保していたんですか。

「台数は言えないのですが、ただ年間販売計画として1500台というのがあります」

──1500台は確保していたということですか。

「明言はできませんが、まぁそんな感じでしょうか」

──でも、あっという間に完売しましたよね。

「これはちょっとやり方が悪かったのかなとも思っているんですが、一部の販売会社は見込み客に事前にマイチェン情報を知らせて先に枠を取っちゃうみたいなことも、実際ありまして。

というか、そういうのが想定以上で、そうではない新規のお客さまからすると、出た瞬間にほぼ終わってるという感じになってしまって……。申し訳ないです」

こちらはシビックタイプR Limited Edition。10月8日発表、11月30日発売となった200台限定のスペシャルなシビックタイプRだ。BBS社と共同開発した専用20インチアルミホイールに加え、防音材などを中心に徹底的な軽量化が図られている。価格は550万円だった

■販売店にも聞いてみた

 イギリス工場閉鎖による生産台数上限と、反応よく限られた枠の確保に走ったディーラーの相乗効果というのが、タイプR早期完売の理由のようだ。とはいえディーラーもクルマを売るのが仕事。

 そこは責められるものではないだろう。

 最後に、販売店にもちょっと話を聞いてみた。

●ホンダカーズ都内某店「あとはキャンセル待ち」

「こういうクルマは欲しがる人が決まっているので、営業はみんな動向を気にしてて、かなり事前に動いてましたね」

──台数を押さえていたということですね。飛び込みのお客さんとかはいなかったんでしょうか。

「いらっしゃるんですけど、お客様も『無理だろうな』って感じで来られるので。とりあえず『時間、かなりかかりますよ』ということを伝えてお帰りいただく感じで……」

──それはキャンセル待ちの話ですか?

「そうです。厳しいですが可能性ゼロではないので。そう伝えさせていただくしかない感じですね」

──なるほど。

*   *   *

 以上、販売店の事情をお伝えした。仮にもし今からマイチェン後シビックタイプRの新車を買おうとしたら、販売店の言うキャンセル待ちに期待をかけることになる。

 可能性はゼロではないというが、さて、どうする?

最新の情報をもとにした次期型シビックタイプRのエクステリア(予想CG)。だがパワートレーンについて、従来の2Lターボハイブリッド説のほか1.5Lターボハイブリッド説も出てくるなど、情報が錯綜している(画像はベストカー編集部による予想CG)

【番外コラム】英国生まれのシビックタイプRたち

●2代目シビックタイプR

 搭載エンジンは初代の1.6Lから215ps/20.6kgmを発生する2Lにアップ。組み合わされる6速MTは、シフトレバーがインパネ部にあった。歴代タイプRのなかではややマイナーか。

2代目シビックタイプR

●シビックタイプRユーロ

 ベースは8代目欧州仕様シビック。搭載するK20Zエンジンは201ps/19.7kgmの出力。同時期に販売されていた日本仕様シビックタイプRより控えめパワーだが実用域で扱いやすい。

シビックタイプRユーロ

●4代目シビックタイプR

 ニュルブルクリンクFF最速を目標に開発されたモデル。タイプR史上初のターボエンジン車となった。日本では2015年10月に発表され、12月に750台の限定で発売された。

4代目シビックタイプR

●レース入門者に。米ホンダシビックタイプRエンジン販売

 ホンダの米国モータースポーツ部門、ホンダパフォーマンスデベロップメント(HPD)は、これまで米国でモータースポーツに参戦するチームなどに向けて販売していたシビックタイプR用エンジンを、一般向けにも販売することを決めた。

 購入にはモータースポーツ参戦経験など、いくつか条件があるもよう。価格は日本円換算で約71万円から。

HPDがシビックタイプR用エンジンを一般向けにも販売。購入には諸条件あり!

【画像ギャラリー】キャンセル待ちに一縷の望みを託すか…!? “即完”シビックタイプRをギャラリーで眺める

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します