サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスF1、誤操作防止のためハミルトンの“マジックボタン”を小改良

ここから本文です
 メルセデスF1チームのルイス・ハミルトンは、第6戦アゼルバイジャンGPでの誤操作を受けてチームが“ブレーキマジックボタン”に小さな変更を加えたと明かした。

 決勝終盤、赤旗後のリスタートで、ハミルトンはバトルのなかでこのボタンを気付かないうちに触ってしまい、それによってターン1で止まり切れずに直進、大量のポイントを失った。メルセデスが“ブレーキマジックボタン”と呼ぶこのボタンは、ブレーキバランスをシフトさせるもので、極端に前寄りにしてフロントタイヤを温めることを目的に、スタート前等に使用される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン