サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本専売モデルがとくに人気がある!? 海外で注目される日本車5選

ここから本文です

日本専売モデルがとくに人気がある!? 海外で注目される日本車5選

■海外でJDM人気沸騰! 海を渡っていく人気の中古車たち

 ここ数年で、1980年代から1990年代に販売された国産車の価格が高騰しています。理由はいくつかありますが、とくに顕著なのが海外への流出です。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 アメリカでは新車登録から25年を超えると中古車の輸入要件が緩和されることから、映画やゲーム、アニメの影響で、数多くの旧車が日本から海を渡りました。

 そこで、日本でしか売られなかったにもかかわらず、海外で人気となっている国産車を5車種ピックアップして紹介します。

●日産「フィガロ」

 バブル景気のころ一世を風靡した日産の「パイクカー」シリーズ第3弾として、1991年に発売された「フィガロ」は、現在、イギリスで大人気となっています。

 フィガロはクラシカルなデザインのオープンカーで、屋根とリアウインドウ周辺が手動で開閉でき、一見すると2シーターのように見えますが、狭いながらもリアシートを備える4シーターです、

 シャシとエンジンは初代「マーチ」のものがベースで、外装だけでなく内装もクラシカルに演出されています。

 レトロな書体のタコメーターやアナログ時計、パネルに設置されたトグルスイッチ、CDプレイヤーを備えながら古いクルマのラジオのようなデザインの純正オーディオなど、こだわった演出がされています。

 日本では2万台が限定販売されたフィガロですが、右ハンドルであることや英国趣味の内外装から、以前からイギリスで注目され徐々に人気が高まり、いまでは専門店やオーナーズクラブまで存在。

 国内の販売台数も比較的多く現存数も多かったので、相当な数がイギリスに上陸したと思われます。

●日産「スカイラインGT-R」

 1989年に発売された「R32型 スカイラインGT-R」は、最高出力280馬力を発揮する2.6リッター直列6気筒ツインターボ「RB26DETT型」エンジンと、「アテーサE-TS」(電子制御トルクスプリット式4WD)を搭載し、国産スーパースポーツのトップに君臨してきました。

 歴代スカイラインは、ごく一部の地域に輸出されたのを除いて国内専用モデルとして販売されてきましたが、このR32型 スカイラインGT-Rは人気ゲームソフトに登場したことでアメリカでの人気が高まり、25年ルールの対象となった瞬間に多くの中古車が流出しました。

 また2020年からは、1995年に発売された9代目スカイラインベースのR33型 スカイラインGT-Rも25年ルールの対象となりますので、間違いなくアメリカのカーマニアたちは狙っているでしょう。

 しかし、そもそもスカイラインGT-Rは、すべてのモデルが異常なほど価格が高騰してしまっているので、R32型の時のような状況にはならないともいわれています。

●マツダ「AZ-1」

 1992年にデビューしたマツダ「AZ-1」は、軽自動車唯一のガルウイングドアを採用した2シータースポーツカーです。

 エンジンはスズキ「アルトワークス」に搭載された、最高出力64馬力を発揮する660cc直列3気筒ターボを、リアミッドシップに搭載。

 外装にFRPを多用することで720kgの軽量ボディを実現し、ステアリングのロックトゥロックが2.2回転という、国産車では類を見ないクイックステアに設定されていたことで、「公道を走るゴーカート」とも呼ばれました。

 発売当時は大いに話題になりましたが、ドライビングのクセが強く、ピーキーな特性は乗り手を選ぶともいわれ、「面白いけど危ないクルマ」とも評されてしまいます。

 しかし、軽自動車として唯一無二のピュアスポーツカーというキャラクターが好まれ、1995年の販売終了後から中古車販売価格が極端に下がることもなく、海外のコレクターからも注目されています。

 現在、イギリスを中心に中古車が輸出され、現地では日本円で200万円以上の高値で取引されているようです。

■すでに海外でも価格高騰しているモデルとは!?

●ホンダ「インテグラ タイプR」

 1993年に発売されたホンダ3代目「インテグラ」は、北米でもアキュラ「インテグラ」として販売されたグローバルモデルです。

 発売当初は独立した丸型プロジェクター4灯式ヘッドライトのフロントフェイスでしたが、日本では不評で、1995年のマイナーチェンジで国内仕様は横長の一体薄型ヘッドライトに変更されました。

 それと同時に「NSXタイプR」で高い評価を得た「タイプR」をインテグラにも展開。究極のFFスポーツモデルを目指した「インテグラタイプR」が登場します。

 エンジンは最高出力200馬力を発揮する1.8リッター直列4気筒DOHC VTECを搭載し、40kgもの軽量化と高剛性化を両立したボディに、専用サスペンションや空力パーツの装着、専用16インチアルミホイール、レカロ製シート装着など、ホンダのレーシングスピリッツを象徴する1台でした。

 北米でもインテグラタイプRは発売されましたが台数はわずかで、デザインも丸型プロジェクター4灯式ヘッドライトのままでした。ほかにもエアバッグが装着されているのなど、細かな仕様が日本と異なっています。

 インテグラタイプRは、すでにアメリカで異常な価格高騰が始まっていますので、2020年に25年ルールを迎える日本仕様の争奪戦が始まると思われます。

●トヨタ「センチュリー」

 トヨタの最高級乗用車「センチュリー」は、1967年の誕生以来、一部の例外を除いて日本専用車として販売されてきました。

 伝統的な日本の美を感じさせる、保守的でありながら重厚さを持った独特のデザインテイストや、熟練工員の手によっておこなわれる、高い品質を維持した生産体制なども高く評価されています。

 1997年まで販売された初代センチュリーは数多くのマイナーチェンジを重ね、当初3リッターだったエンジンも徐々に拡大され、1982年には最高出力165馬力を発揮する4リッターV型8気筒エンジンとなりました。

 この初代センチュリーも25年ルールでアメリカに輸入することができるため、すでにアメリカに上陸しています。レクサスとは違うトヨタの最高級車ということで、日本車マニアの間で注目されているようです。

※ ※ ※

 海外で注目されている国内の中古車ですが、国産車だけではありません。欧州車もかなりの台数が海外へと輸出されています。

 かつて欧州車の多くは左ハンドルのまま輸入されており、そのまま里帰りできるからです。

 日本の中古車人気はもうひとつ大きな理由があり、それは程度の良さといわれています。ほとんどがオリジナルの塗装のままで、きちんと整備も受けているので状態が良く、走行距離も比較的短いということが挙げられます。

 程度の良い物件は価格が上がってしまったため、一時期ほどの流出は無いようですが、今後も日本の中古車は海外から注目されそうです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します