サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マツダ2年連続でレコードブレイク! 小林可夢偉は最終セッションで最速タイム/IMSA公式テスト3日目

ここから本文です
 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権公式テスト“ロア・ビフォア・ロレックス24”の3日目が1月5日、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われ、アキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/エリオ・カストロネベス/アレクサンダー・ロッシ組)がプラクティス最速タイムをマークした。

 例年、年明けの第1週目からデイトナで行われるロアは、世界三大耐久レースのひとつに数えられるデイトナ24時間の事前テストだ。2020年の同イベントは初日、2日目ともにマツダチーム・ヨースト勢がワン・ツーを築く速さをみせる。

おすすめのニュース

サイトトップへ