サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 今季最も「経験豊富」なF1ルーキー……角田裕毅にアルファタウリが”絶大なる”期待を寄せる理由

ここから本文です

今季最も「経験豊富」なF1ルーキー……角田裕毅にアルファタウリが”絶大なる”期待を寄せる理由

今季最も「経験豊富」なF1ルーキー……角田裕毅にアルファタウリが”絶大なる”期待を寄せる理由

 今季7年ぶりに日本人ドライバーとしてF1デビューを果たす角田裕毅。彼は2019年に渡欧してFIA F3を戦うと、翌2020年にはFIA F2に挑戦。ルーキーイヤーながらランキング3位に入り、F1参戦に必要なスーパーライセンスを取得することができた。

 ただ角田はまだヨーロッパでのレースは2シーズンしか経験しておらず、シーズン中にフリー走行でF1マシンを走らせるような余裕はなかった。そのため、F1での最初のシーズンとなる今年、角田はコースやチームとの働き方など、学ばねばならないことがたくさんある。

■日本人初のF1優勝ドライバーになる……角田裕毅、”速く走る”ためのモチベーション

 しかしアルファタウリの全員が、すでに角田から非常に強い印象を受けており、大きな信頼を寄せているという。

「彼の年齢を考えれば、彼は自分のしていることにとても集中していると思う」

 そう語るのは、アルファタウリのチームマネージャーであるグラハム・ワトソンだ。

「彼は自分に大いに自信を持っている。それはいいことだ。最初に会った時には、小さな”男の子”だと思った。でも自信に溢れていたんだ。傲慢ではないけど、自分のことを十分に信じている」

「先日の取材の際、彼はあるジャーナリストから『2021年の目標は?』と尋ねられた時、『ガスリーを倒すこと!』と答えたんだ。でもそれを非難することはできない。結局のところ、誰もが言うように、チームメイトとの差で判断されることになるからね。彼も、自分の仕事をしなければいけない。その道中には、楽しいこともあるかもしれない。でも若いドライバーたちは、キャリアを進めていくに連れて、様々なことを経験していかなければいけない。初めての大きな事故も、その中にはあるだろう。しかし彼は確かに、優れた才能を持っている。それは間違いない」

「フランツ・トスト(チーム代表)は、彼のことをとても気に入っている。ドライバーに関して話すことについては、彼はよく理解しているんだ。そして、ユウキが仕事を成し遂げることができる能力を持っているということを、すぐに見抜くことができた。そしてマシンに乗る度、ポジティブな兆候を見て取ることができた」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します