サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【MaaS体験記】観光列車で日本初のトレインワーケーションも、千曲市モデルに見る地域活性化の形

ここから本文です
今回の取材は、株式会社ふろしきやが、千曲市、信州千曲観光局、長野県と提携し、長野県千曲市で開催した「秋の千曲市ワーケーション・ウェルカムデイズ(全7日間)」の取り組みだ。一般企業が参加する「学び深まる秋の温泉ワーケーション」プログラムに密着し、信州周遊フィールドワーク&アイディアソンと観光列車をカフェ利用できる「ろくもん駅カフェ」を体験してきた。

千曲市のワーケーションとは
2019年10月から「快適な働き方の実践」と「温泉・絶景など地域資源を活かすこと」を目的に始まった長野県千曲市でのワーケーション体験会は今回で7回目となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン