サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ’21 BMW R1250GS試乗ショートインプレ【’21モデルはサスペンションが激変!】

ここから本文です


’19年に大排気量化とシフトカム採用で大幅進化したR1250GS。’21モデルの変更点はヘッドライトがコーナリング対応になったくらい? と思っていたら、内部の電子制御まわりが激変。走行モードは3つ増えて7つになり(4モードをプリセット)、操作言語も日本語に対応。ただ一番変化を感じたのは、電子制御サスのESA(イーサ)。ピッチングモーションを極力排除するBMWお得意の制御から一転。オフロード走行では逆にピッチングを生かしたマシンコントロールができるようなキャラクターへと路線変更している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン