サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > まさに水を得た魚。圧巻ポールのハミルトン「マシンと調和した、完璧なラップだった」

ここから本文です

 F1第2戦シュタイアーマルクGPは、激しい雨の中行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンが通算89回目のポールポジションを獲得してみせた。

 最後のアタックで、2番手となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に対し1.2秒以上の差をつける圧巻の走りを見せたハミルトン。その感触は、彼が2位以下に70秒以上の大差をつけて勝利した2008年イギリスGPを思い出させるようなものだったという。

■ホンダにとってメルセデスは“想定外の速さ”?「予選では驚かされた」と山本MD

「最後のラップはファンタスティックなものだった」と、ハミルトンは語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ