サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 佐川急便、配送用の軽自動車を全台数EV化へ…プロトタイプを公開

ここから本文です

佐川急便は13日、カーボンニュートラルの実現に向け、配送用の電気軽自動車のプロトタイプを公開した。現在約7200台を2030年度までにすべて、EVにしていく予定だ。

プロトタイプ車両はASFが企画・開発・製品管理などを行い、中国の五菱汽車で製造した。 

発表会で、佐川急便の本村正秀社長は「軽自動車のEV化は、カーボンニュートラルに向けた取り組みのひとつ。7200台すべてがEVになれば、2万8000トンのCO2削減となり、これは、全体の1割に当たる」と説明。

おすすめのニュース

サイトトップへ