サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【高くても売れる!!?? 徹底分析】令和の販売王者 N-BOXはなぜ勝ち続けられるのか?

ここから本文です

【高くても売れる!!?? 徹底分析】令和の販売王者 N-BOXはなぜ勝ち続けられるのか?

 ホンダのスーパーハイトワゴン軽自動車のN-BOX&N-BOXカスタムは2011年にデビューした初代、2017年にデビューした2代目の現行とも大人気で、2019年も年間販売台数のトップとなった。

 全軽自協の統計データによれば、2019年1~12月の累計販売台数は25万3500台をマーク。軽自動車2位のダイハツタントの17万5292台に大きく差をつけ、登録車でナンバーワンとなったトヨタプリウスの12万5587台(自販連公表データ)の2倍強という凄い台数なのだ。

【ダントツの優位性に陰り!?】自動ブレーキの代名詞!! スバル「アイサイト」は今でもNo.1なのか

 本企画では日本で一番売れているN-BOXの販売データを見ればクルマ界のトレンドがわかる、ということで、N-BOX&N-BOXカスタムの販売データを検証してみたい。

※販売データは本田技研工業広報部算出のものを使用。小数点以下を丸めているため、各比率の合計が100%にならない場合もある

文:永田恵一/写真:HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】スクープ情報付き!! 百花繚乱のスーパーハイトワゴン軽自動車

標準とカスタムの販売比率

■N-BOX:49%
■N-BOXカスタム:51%

N-BOXは標準タイプ(写真右)とエアロタイプのカスタム(写真左)をラインナップし、両モデルがほぼ半々で売れているのにはビックリ

 軽自動車で標準タイプとエアロタイプをラインナップする手法は1995年にデビューした初代ダイハツムーブがデビュー2年後にカスタムを追加して先鞭をつけた。

 この手法は今や軽自動車の常識となっていて、N-BOXもN-BOXとエアロタイプのN-BOXカスタムというラインナップとなっている。

 オーソドックスな標準に対しワイルドなカスタムという図式はN-BOXも同じだが、ほぼほぼ半々で売れている。

 街中では目にするとカスタムが目立つため、販売比率も多いように感じるが、標準タイプが健闘して販売を伸ばしているのは、法人需要で標準が好まれているなどとも関係してくるという。

 N-BOXの場合、標準タイプに安っぽさがなく、安心感のあるフロントマスクがある意味アイコンになっていることも無視できない。

N-BOXの標準タイプは安っぽさとは無縁で安心感がある。旧型から変わり映えしないと言われるデザインだが、質感は大幅にアップしているのも人気の要因

NAとターボの販売比率

【N-BOX】
NA:90%/ターボ:10%

【N-BOXカスタム】
NA:80%/ターボ:20%

 自動車メディアなどでは、軽自動車のターボの優位性を大々的にアピールしているが、実際に売れているのは圧倒的にNAエンジンとなっている。

 ターボが最も優位性を発揮するのはターボパワーによる動力性能と高速道路での燃費だが、高速道路は頻繁に使わない人にとっては15万円程度高いターボは魅力的ではないのだろう。

 実際にアシとして使うにNAの動力性能でまったく不満はないのもポイントだ。ターボの場合、NAよりもオイル交換の頻度が上がるなど、ランニングコストを考えてもNAが売れているのも納得だ。

 標準とカスタムでNAとターボの販売比率が10%違うのは、標準タイプよりもカスタムのほうが若い世代や走り好きが購入していると予想できる。

動力性能を比較すればターボに軍配が上がるが、NAでも加速感は不満ない。ただし高速道路での燃費はトルクに余裕のあるターボのほうが有利

FFと4WDの販売比率

【N-BOX】
FF:86%/4WD:14%

【N-BOXカスタム】
FF:86%/4WD:14%

 都市部の場合、特別なケースを除きあえて4WDを購入する理由はない。4WDの需要のほとんどは、北海道や降雪地域となっている。

 では、この販売比率から見てN-BOX&N-BOXカスタムは北海道や降雪地域で売れていないのだろうか?

 その答はノー。降雪地域の人すべてが4WDを買うわけでないない。今ではスタッドレスタイヤはバリエーション豊富だし、何よりも性能アップして雪上性能に優れていているため、ヘビー地域を除けばFF+スタッドレスをチョイスするケースが多いのも事実だ。

豪雪地域などでは4WDが必須となるが、ちょっとした雪などではFF+スタッドレスで対応するユーザーは多い

 4WDを購入してもスタッドレスは必要なので、N-BOXシリーズの場合、FFと4WDの価格差は13万3100円は無駄遣いしたくないと考えている人もいるだろう。

 ちなみに軽乗用車の4WD比率は14.2%となっている。これには4WD専用のジムニーのデータも含まれているのを考えると、N-BOXは降雪地域などでも需要があり人気が高いことがわかる。

人気グレード

【N-BOX】
1位/G・L Honda SENSING(154万3300円) 63%
2位/G・Honda SENSING(141万1300円) 21%
3位/G・L ターボ Honda SENSING(173万8000円) 8%
4位/G・EX Honda SENSING(164万2300円) 6%
5位/G・EX ターボ Honda SENSING(179万3000円) 2%

【N-BOXカスタム】
1位/G・L Honda SENSING(174万6800円) 53%
2位/G・L ターボ Honda SENSING(194万1500円) 36%
3位/G・EX ターボ Honda SENSING(199万6500円) 6%
4位/G・EX Honda SENSING(180万1800円) 4%

グレード名を見てもわかるとおり、グレードの高い安いに関係なく安全装備のホンダセンシングが搭載されているのは安心

 標準のN-BOXはまさに質実剛健という表現がぴったりの売れ行き。といってケチって最も安いグレードが売れているかと言えばそうではない。装備とコストの兼ね合いが絶妙なG・L Honda SENSINGが圧倒的な人気となっていて、最も高いG・EXターボHonda SENSINGは敬遠される傾向にあるようだ。

 いっぽうカスタムで一番人気は標準と同じG・Lホンダセンシングで、こちらも質実剛健ぶりを見せているが、FFで194万1500円と高額のG・L ターボ Honda SENSINGが40%近く売れているのは注目に値する。

標準タイプのインテリア。優しい色遣いが特徴で、ゆったりとくつろぐことができる空間をうまく演出している

基本的なデザインは同じながらカスタムは素材を変更するなどしてスポーティなムードを好演出して別物のように仕上げている

 エアロ系のカスタムを購入する人はコスト重視ではないことは明らか。軽自動車でほぼほぼ200万円の価格は一昔前なら考えられなかったが、いいものには対価を払う、という傾向が顕著に出ていると言える。

 日本車は安さにこだわり、ユーザーもそれを当たり前と思ってきたが、決して安くなくてもいいものは売れる、という潮流が見られるのはいいことだ。

カスタムはターボ比率も高く、軽自動車ながら乗り出し200万円を超える上級グレードが好まれている。これは日本車にとって歓迎すべき潮流だ

人気ボディカラー

【N-BOX】
1位/プラチナホワイトパール  34%
2位/クリスタルブラックパール 18%
3位/モーニングミストブルーメタリック 14%
4位/ルナシルバーメタリック 8%
5位/プレミアムアガットブラウンパール 7%
5位/ブリティッシュグリーンパール 7%
7位/プレミアムアイボリーパールII 6%
8位/ブリリアントスポーティブルーメタリック 5%
9位/ピーチブロッサムパール 2%

【N-BOXカスタム】
1位/プラチナホワイトパール 45%
2位/クリスタルブラックパール 28%
3位/シャイニンググレーメタリック 9%
4位/プレミアムグラマラスブロンズパール 8%
5位/プレミアムベルベットパープルパール 6%
6位/ブリリアントスポーティブルーメタリック 4%

N-BOXは標準タイプ、カスタムでキャラクターが違うため、販売データにもそれぞれのキャラクターが大きく反映されている

 N-BOX、N-BOXカスタムともプラチナホワイトパールが一番人気というのは、日本のこれまでのトレンドから外れていない順当な結果と言えるだろう。

 カラーラインナップから見ても、ソリッドカラーではなくメタリックカラー、パールカラーのオンパレードで、これもユーザーの嗜好を如実に表している。

N-BOXでは標準、カスタムとも一番人気はプラチナホワイトパール。安心の白かつ高級感のある光沢が人気の要因となっている

 最も目を引くのがN-BOXカスタムで2番人気がクリスタルブラックパールという点で(標準タイプも2位だが比率が違う!!)、イメージカラーでもあるプレミアムベルベットパープルパールと合わせると、3台に1台が濃色というのが特徴だ。

 黒、紫系は高級感と同時にワイルドな感じをアピールするには最適で、N-BOXカスタムのキャラクターが反映されている。

 実際にN-BOX以外の軽自動車に黒のボディカラーを設定するケースが増えているし、それ以外のカテゴリーでも人気も人気が高い。黒系は艶や輝きをキープするのが難しかったが、塗装技術、コーティング技術の進化により安心して購入できる環境になってきている点も見逃せない。

標準、カスタムとも人気ボディカラーの2位のクリスタルブラックパール。特にカスタムでは4台に1台以上の割合で売れている

まとめ

 N-BOX、N-BOXカスタムでそれぞれのキャラクターにピッタリの販売結果になっているが、これは軽自動車、そのほかのカテゴリーにも言えることだろう。

 何よりも感心したのは、非常に賢い買い方をしているなという点だ。安さだけではなく、いいものはしっかりと売れるというのは日本車にとって光明と言えるだろう。

【画像ギャラリー】スクープ情報付き!! 百花繚乱のスーパーハイトワゴン軽自動車

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します