サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【国内試乗】「ボルボ・122S/S90」いまあえてクラシックボルボに乗る!

ここから本文です

【国内試乗】「ボルボ・122S/S90」いまあえてクラシックボルボに乗る!

「古い車両であっても故障の心配が少ない車両に乗りたい!」そんなユーザーの声に応えてクラシックカーからちょっと古いボルボまでをレストアして販売する「KLASSIC GARAGE」。今回は、そのリフレッシュプロジェクトで仕上げられた2台に試乗してみた!

ひと味違った選択肢を求めるなら

【大矢アキオの イタリアでcosì così でいこう!】困難なときは歴史に聞け!? フィアット&ルノーと“ピッツァ屋台”の共通点

堅実な作り、頑丈でタフという北欧プロダクトのイメージ色濃いボルボに惚れ込んで、長く乗り続けている人は、世界にはもちろんここ日本にも少なくない。しかしながら、いくら頑丈だと言っても相応の整備は必要だし、安定したパーツ供給は不可欠だ。

そんな背景からボルボ・カー・ジャパンが2016年8月に立ち上げたのが、ボルボクラシックガレージだ。ここでは、おおよそ1990年代後半までに販売されたボルボ車の整備やレストア、そして目下メインとなっているリフレッシュを行った車両の販売を手掛ける。実はこの手のサービスをインポーター自らが手掛けているのは、ここボルボだけなのである。

今回は、その販売車両2台を味見することができた。まず試したのは1970年式、つまり最終型の122Sアマゾンである。

走行距離、実に35万5千kmというこのクルマも、ボディはほぼ新車当時のままだというから驚いた。柔らかな丸みを帯びた体躯に「京51」のプレートがいい雰囲気だ。室内を見ると、シートベルトはちゃんと3点式である。実はこのアマゾンこそ3点シートベルトを装備した世界初のクルマでなのだ。ダッシュボード上にもソフトパッドが貼られた、安全への配慮がボルボらしい。

走り出すと、いわゆる“鉄板が厚そう”な堅牢なボディが、まさにボルボ。周囲の視界の良さも、この頃からの美点だったと解る。
2Lエンジンは、さすがに額面通りの最高出力118psは体感できないが、トルクが厚く、しかも神経質なところのないクラッチや軽く決まる4速MTのおかげで、気構えることなく走らせることができる。ハンドリングは古臭いけれど、それも味のうちである。

このアマゾン、日本に輸入されたうちの約1割、120台ほどが現存しているという。実際、そのボディはサビ腐りが少なくパーツもほとんど出るという。クラッチも「こんなに要らないだろう」というくらい余裕があり、まず焼けたりしないというから、クラシックカー入門に最適かもしれない。

続いて乗り込んだのはFR時代最後を飾った1998年式S90クラシックだ。スクエアなボディは今見ると、とてもスリーク。乗り込んでもコンパクトに感じられる。分厚く身体を包み込むシートクッションは、まさに当時のボルボ。白木の本木目パネルも美しい。

正直、走りっぷりには驚かされた。直列6気筒3Lエンジンは粛々と回り、4速ATも滑らかな変速ぶりで上質なフィーリングを味わえる。ハンドリングもFRということで操舵感が澄んでいるし前後バランスも良好。乗り心地も重厚で、イメージしていたより断然心地良かった。名車と言われるW124にも遜色ない走り、もっと評価されていいと思ったほどだ。

販売車両として人気なのは、やはり240。より走行感覚が新しく使い勝手もいい740ともども、デザインや雰囲気に惹かれた若いオーナーも少なくないという。また、安心して乗れそうだと、過去に乗っていたモデルに帰ってくるベテランも多いというから面白い。

もちろん、すべてが新車と完全に一緒とまでは言えないものの、それに近い安心感で楽しめるのは確か。ボルボクラシックガレージは、クルマとともにあるライフスタイルに、ひと味違った選択肢ともたらすプログラムなのだ。

【Specification】VOLVO 122S
■全長×全幅×全高=4450×1630×1480mm
■エンジン種類/排気量=直4OHV/1986cc
■最高出力=118ps/5800rpm
■最大トルク=17.0kg-m/3500rpm
■トランスミッション=4速MT
■タイヤサイズ(F&R)=165/SR15

【Specification】VOLVO S90
■全長×全幅×全高=4870×1755×1435mm
■エンジン種類/排気量=直6DOHC/2921cc
■最高出力=200ps/6000rpm
■最大トルク=27.2kg-m/4300rpm
■トランスミッション=4速AT
■タイヤサイズ(F&R)=205/55R16

お問い合わせ
ボルボ・カー・ジャパン 0120-922-662

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します