サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昔はステータスシンボルだった? 左ハンドルで販売された日本車3選

ここから本文です

■左ハンドルのまま販売された日本車を振り返る

 日本の道路は左側通行なためクルマは右ハンドルなのがスタンダードですが、法律上は左ハンドルのクルマも問題なく走行可能です。

日産 新型「シルビア」e-POWER搭載で復活か! 凄い新世代FRスポーツの可能性!

 そのため、一部の輸入車は左ハンドルのまま販売されているケースがありますが、現在は少数派になったといえるでしょう。

 一方、昭和の時代には輸入車といえば左ハンドルの方が圧倒的に多く、左ハンドルのクルマがステータスシンボルとされており、日本と同じ左側通行の国であるイギリスのクルマでも左ハンドルのモデルが販売されていたほどです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン