サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > フロントマスクも雰囲気も微妙に違う!? 空力を磨いた高性能版ヴェゼルが今年前半に発表されそう

ここから本文です

フロントマスクも雰囲気も微妙に違う!? 空力を磨いた高性能版ヴェゼルが今年前半に発表されそう

モデューロXの最新作はヴェゼルのコンプリートカー

東京オートサロン振り返りレポート、今回はホンダ・ホンダアクセス・無限の合同ブースに展示されていた赤い「ヴェゼル」に注目です。ヴェゼルといえば日本で人気のコンパクトSUVですが、このクルマはフェンダー部分の樹脂パーツがボディ同色で、フロントマスクは完全に別物へと生まれ変わっています。

>>ホンダ ヴェゼルのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

化粧プレートには「ヴェゼル・モデューロXコンセプト」の文字。純正アクセサリーを手掛けるホンダアクセスが独自のノウハウで作り出しているコンプリートカー「モデューロX」の最新作のプロトタイプと目される一台が、オートサロンでデビューしたというわけです。

これまでのモデューロXと異なる、丸くなった印象!?

モデューロXといえば「実効空力」。これは単純なダウンフォース(=空気の流れでクルマを地面に押しつけ、グリップを高める)ではなく、車体の周囲を流れる空気を制御することで、ハンドリングを向上させるという技術。テストコースでエンジニアと開発ドライバー、デザイナー、モデラーが一緒になって形状を作り上げてきたホンダアクセスの経験に基づく知見が込められています。

モデューロXという名前がつくということは、実効空力が追及されていることは間違いありません。しかしそのスタイリングは、これまでのモデューロXシリーズとはやや雰囲気が異なります。適切な表現は難しいのですが、後付け感が抑えられているという印象。これまでのアグレッシブなモデューロXと比べるといろいろな意味で丸くなった印象を受けます。

とくに気になるのはフロントグリル部分で、左右に風を流す形状を明確に表現している点。ともすれば、従来のモデューロXはバンパーのサイドなどわかりやすい空力デバイスが目立っていましたが、今回はフロント全体で実効空力を狙っているように見えます…モデューロXも新世代に入ったということでしょうか?

テイストが変わったのはデザインをゼロから見直したから

モデューロXコンセプトの開発スタッフによれば、デザイナーの考え方をゼロベースで見直した結果、テイストが変わったということで、実効空力の効果を高めつつ新しい味つけを模索したのが、第二世代モデューロXといえそうです。

ディテールではノーズを若干長くしている点がポイント。そのためにフロントのHマークは少し傾いています。さらに、フロントバンパーサイドの突起、リヤバンパー下面の左右に配置された突起もハンドリングに貢献するアイデアなのは確実でしょう。全体像だけでなく細部にも注目すべき点が多い一台といえます。

完全新作のアルミホイールも注目です。2021年に発売された「フィット モデューロX」ではアルミホイールの断面形状を工夫してホイールの変形具合をチューニング、乗り味のマイルドさを出していました。

ヴェゼル モデューロXコンセプトでも、ホイールを含めた走りのバランスを取るというアプローチが強化されているようです。気の早い話かもしれませんが、新型ヴェゼルでモデューロXらしいハンドリングを味わうためにはアルミホイールの交換は厳禁なのかもしれません。

2022年年央には具体的な販売予定などが見えてくるはず

オートサロンで展示されたのは“コンセプト”ですから、すぐに市販されるというわけではないでしょう。とはいえ、これだけの完成度を誇っているのですから発売まで、まだまだ時間がかかるということもなさそうです。

関係者の発言をまとめると、どんなに遅くとも2022年中には正式発表されるでしょう。感触としては、上半期のうちに具体的な話が見えてくることになりそうな雰囲気です。パワートレインはハイブリッドになるはずですが、駆動方式は初代ヴェゼルのモデューロXがそうであったように、FFと4WDの両方を用意すると考えてよさそうです。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)
写真:編集部

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します