サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗】メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+がもつ衝撃の二面性! 鞭を入れた瞬間怪物が目を覚ます

ここから本文です

【試乗】メルセデスAMG CLA 45 S 4MATIC+がもつ衝撃の二面性! 鞭を入れた瞬間怪物が目を覚ます

 搭載する2リッターターボはもはやレーシングエンジンの世界

 じつは、富士スピードウェイで開催されたAMG試乗会に準備されていたのは、超弩級のパフォーマンスを誇る「A 45 S 4マチック+」だけではなかった。「CLA 45 S 4マチック+ クーペ」も轡を並べていたのだ。

【ニッポンの名車】通称「走るシーラカンス」 AMGモデルもあった三菱デボネア

「A」と「CLA」は、プラットフォームを共有する兄弟車である。一方がコンパクトな5ドアハッチバックスタイルで、やや過激なヤンチャぶりを演出しているのに対して、CLAは4ドアボディのルーフをなだらかに下降させたクーペスタイルをシルエットとしているのが特徴だ。つまり「CLA」は、「A」よりも落ち着きを込めながらも、凡庸なセダンとは一線を画したスポーティフィールが自慢なのである。

 そんなCLAであっても、「AMG」となり、「S」の文字が加わればその性能は過激になる。さらに「4マチック+」なのだから、CLAの最強仕様であることはもちろん、AMGラインアップのなかでも見劣りしない激辛性能の持ち主であることがわかる。

「M139型」と呼ばれる直列4気筒2リッターターボエンジンは、最高出力421馬力/6750rpmを発揮する。最大トルクはなんと500N・mだというから桁外れだ。

 ひと昔前は、1リッターで200馬力オーバーは一つの越え難い限界点とされていた。もはやレーシングエンジンの世界に足を踏み入れたと言っていい。だがそれが、こう言って良ければ、ごく平凡な4ドアモデルに搭載されるのだから時代の進化には腰を抜かしかける。

 広報資料によると、0-100km/hが4.0秒、最高速度は270km/hに達するというのだからこれはもうモンスターに呼ぶに相応しいパフォーマンスの持ち主なのである。

 ちなみに、本国では同じ「M139型」エンジンを積むCLA 45が存在している。だがそれは、最高出力387馬力に留まる。そのエンジンをベースに、ブースト圧を1.9から2.1に高めたのが「CLA 45 S 4マチック+ クーペ」に搭載するパワーユニットなのである。

 FFベースの4WDとは思えないFRのようなフットワーク

 前後左右に駆動トルクを取り分けるのも、「A 45 S 4マチック+」同様だ。アンダーステアの兆候を確認した瞬間に、駆動トルクをフロントからリヤに多めに流したり、あるいは後輪の外輪を強める。そもそもフロント内輪のブレーキをチョンチョンと摘んだりしながら、ニュートラル特性をキープするのである。

 それゆえに、限界域ではFFベースにありがちないフロントの鈍さを感じない。4WDならではの頑固な安定特性でもない。いわば、スピンしづらいFRモデルのように軽快なフットワークを披露するのだ。

 ただし、生まれも育ちも同様の「A 45 S 4マチック+」とは、決定的に異なる感覚がある。そもそも外観からして、爪を隠した猛獣の如く攻撃的オーラを消し去ることに成功しているうえに、フィーリングにも過激な素振りはないのである。鞭を入れなければ嘶くこともない。ごく平凡なコンパクトセダンである。

 むしろ、路面との当たりは優しい。コンパクトセダンでありながら、ひとクラス上の上級セダンであるかのように乗り心地は上質なのだ。その優しい乗り味に浸っているかぎり、ドライバーの視点からうっすらと見えるボンネットのなかにあの獰猛な421馬力ユニットが収まっているなどとは想像ができないし、ましてやそのエンジンが吠えまくり、270km/hの世界に引きずり込むとは思えない。

 それでも、コーナリング限界を彷徨わせれば、半端なスポーツカーに恥をかかすに十分なパフーマンスを発揮するのだ。

 ますますこのクルマがわからなくなった。上質なセダンでありながら、武闘派魂を秘めているのだ。その穏やかな身なりに騙されて、下手に挑まないほうがいい。それだけは言える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します