サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バブルで輝いた「シーマ」のいまは? 初代と最新モデルの違いとは

ここから本文です

バブルで輝いた「シーマ」のいまは? 初代と最新モデルの違いとは

■日産を代表する高級パーソナルサルーン「シーマ」

 1988年、バブル経済に沸く日本では多くの家庭で中流意識が高まり、さまざまなものに高級志向が求められました。

トヨタ クラウン史上最大の失敗作? 4代目クラウンは本当に駄作だったのか

 自動車市場も活性化され、高級車として扱われるパーソナルセダンのジャンルに、日産は初代「セドリック シーマ」と「グロリア シーマ」(以下、シーマ)を発売しました。

 高額にも関わらずシーマは大人気車となり、各自動車メーカーも追随し、1989年に初代トヨタ「セルシオ」が登場。ほかにも各社が高額なモデルを続々と市場投入しました。

 その後シーマはモデルチェンジを重ね、現行モデルの5代目は、日産および海外のインフィニティブランドのフラッグシップモデルとして君臨しています。

 そこで、シーマの初代モデルと最新モデルについて、どのような特徴があるのか、紹介します。

●バブルの象徴となった「セドリック シーマ」と「グロリア シーマ」

 日産は高級セダン「セドリック」「グロリア」の更なる上級モデルとして、初代セドリック シーマとグロリア シーマを1988年に発売しました。

 自動車市場では、好景気を背景にした中流意識の高まりから「ハイソカーブーム」が起こり、その流れに乗ったシーマは大ヒットとなります。

 セドリック/グロリアと一線を画した3ナンバー専用の4ドアピラーレスハードトップのボディに、3リッターV型6気筒エンジンを搭載したシーマは、自然吸気モデルでも200馬力、ターボモデルでは255馬力という高出力を誇りました。

 全長4890mm×全幅1770mm×全高1380mmと、のびのびとしたボディサイズによって、欧州車を思わせる流麗な外観デザインとなっていました。

 また、ターボエンジン搭載車は、車重1640kgのボディをものともしない驚異的な加速を生み出し、ゼロ発進では柔らかいサスペンションによってテールを沈ませた姿勢となり、シーマの力強さを印象づけます。

 シーマの大ヒットによって、日本の自動車市場は高級、高性能化が一気に進んで活性化し、後に「シーマ現象」と呼ばれました。

■歴代最高の性能を誇る5代目「シーマ」

●歴代最高の性能を誇る5代目「シーマ」

 5代目となる現行モデルのシーマは、2012年に発売されました。最上級モデルの「プレジデント」が2010年に販売終了となったことで、現在の日産のフラッグシップモデルとなっています。
 
 パワーユニットは全グレードとも306馬力を発揮する3.5リッターV型6気筒自然吸気エンジンに、68馬力のモーターを組み合わせた1モーター2クラッチ方式のハイブリッドで、システム最高出力は364馬力を誇り、卓越した走行性能と環境性能を両立しています。

 V型エンジンながらロングノーズの美しいプロポーションと、最高級セダンらしい抑揚がある伸びやかなサイドビューを持つボディは、全長5120mm×全幅1845mm×全高1510mmと、初代に比べ全高230mm、全幅75mm、全高130mmも大型化されました。

 このボディによって歴代最大となる室内空間となり、洗練されたパワーユニットと相まって、最高級セダンにふさわしい、ゆとりのある居住性と走りが堪能できます。

※ ※ ※

 現在のシーマの価格(消費税込)は、もっともベーシックな「HYBRID」で809万3800円、トップグレードの「HYBRID VIP G」は919万3800円で、贅沢な装備や品質を考えると、決して高い金額ではないと思います。

 しかし、現状ではシーマの販売は芳しくない状況で、ライバルであるレクサス「LS」も同様に苦戦しています。

 この価格帯になると輸入車が競合となるので、古くなったモデルではアピールポイントが少なく、売れないのは当然のことでしょう。

 このままシーマは歴史に幕を閉じるという説が濃厚ですが、一時代を築いたシーマも、どこかで道を見誤ったのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します