サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2022年型F1マシンは「必ずしも遅くなっているわけではない」とヒュルケンベルグがシミュレーター走行を振り返る

ここから本文です

 元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグは、2022年型F1マシンをシミュレーターで試したと述べており、新しいマシンはかなり速くなるだろうと考えている。

 F1グリッドへの復帰をほぼ諦めているヒュルケンベルグだが、2021年シーズンはアストンマーティンのリザーブドライバーを務めていたため、チームのシミュレーターで新マシンをドライブするチャンスを与えられたようだ。

ヒュルケンベルグ、家族を優先しインディカー参戦を断念か。次の選択肢としてWECが浮上

 グラウンドエフェクトは新しいレギュレーション刷新の目玉だ。新規則の導入によってマシン後方の乱気流が大幅に抑えられ、ドライバーが互いに接戦を演じてさらなるオーバーテイクが可能になるはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン