サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】マツダ CX-5はマイナーチェンジで最新の制御技術を採用。速度コントロールが自由自在に

ここから本文です
去る2020年12月3日にマツダCX-5の一部改良が実施された。あくまで商品改良という位置づけなので、変化をアピールするような見た目の変化はほとんどないが、試乗してみるとその中身は驚くべき進化を遂げていた。

定評の2.2Lディーゼルターボは10psアップ。だが注目すべきはそれだけではない
まずSKYACTIV-D(2.2Lディーゼルターボ)の出力が10ps向上して200ps(147kW)に。さらにその発生回転数を500rpm下げた4000rpmとするなど、過渡特性に手が入れられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン