サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界レベルへ挑戦するモトクロス界のホープ、下田丈を知るための9つのポイント

ここから本文です

世界レベルへ挑戦するモトクロス界のホープ、下田丈を知るための9つのポイント

モトクロス大国であるアメリカ、そして世界グランプリを持つ欧州において、活躍できる日本人がいなくなって久しい年が続いた。興行的に最高峰のAMAスーパークロスでは、成田亮の3位表彰台を最後としていたが、2020年を境に時代は変わろうとしている。現18歳、AMAのプロクラスで活動する、下田丈の台頭だ。甘いマスクに、すらっとした長身、世界を狙えるポジションで戦う下田の2021年現在をまとめてみよう。

下田丈(Shimoda Jo)
2002年生まれ、18歳、三重県出身。2019年AMAプロデビュー、2020年AMAスーパークロスデビュー。2019プロモトクロス250ランキング26位、2020スーパークロス250SXイーストランキング3位、2020プロモトクロス250ランキング11位。2021年はチーム「Monster Energy/Pro Circuit/Kawasaki」からKX250で参戦中

ホンダ新型「PCX」シリーズを梅本まどかさんがインプレ!

※AMAスーパークロス…全米のスタジアムで開催される、全米選手権。広大なアウトドアでおこなわれるプロモトクロスとは異なり、1周1分未満でショーアップ要素の強いハードなコースで競われる。アメリカにおいてメジャースポーツで、レジェンドのリッキー・カーマイケルの資産は2500万ドルと言われるほど成功している興業

ポイント1「2020年世代のルーキー組、最高成績」
ルーキー・オブ・ジ・イヤーも納得の安定感

アメリカのモトクロスは、プロで活躍するための途がしっかりと確立されている。子供の頃から、地方選手権を勝ち上がり、年に一度のテネシーでおこなわれる“ロレッタリン”全米アマチュア選手権で成績を残していく。この過程で有力なライダーは日本の4メーカーおよび、KTM・ハスクバーナから青田買いされ、育成チーム(すでにファクトリーとアメリカでは呼ばれる)と契約。だから、1年ごとに世代が確立されていて、だいたい速いライダーは子供の頃からの馴染みだったりする。

その中でも、プロクラスで成績を出せるのは年間数名。下田がプロデビューした2019年は、オーストラリアから来たジェット・ローレンス、KTMのピアース・ブラウン、ハスクバーナのジャレク・スウォルが記憶に残るところで、まれに見る豊作の年。だが、彼らもデビューに際して予選落ちを喫したりするほど、難しい世界だ。

下田はそのルーキーの中で、「ルーキー・オブ・ジ・イヤー」に輝いた逸材。2020年のスーパークロス最終戦、下田丈はメインイベントを8位でフィニッシュし、イーストコーストのシーズンランキングを4位から3位に上げてシーズンを終えた。

最終戦は、250クラスはシュートアウト。下田の参戦していたイーストコーストだけでなく、ウエストコーストを交えたレースになる。つまり、層の厚さは単純2倍。それだけに、先の読めないレースだった。

下田自身は、その成績に対して満足しているかというと、100%の満足ではなさそうだった。「普通にうれしい、ですね。ルーキーにしては、よかったほうだったなぁ、くらいの感想です。ジェット・ローレンスが速くてめだっていましたし、外からみればジェットのほうが見ていて面白かったでしょう。一緒にプロに上がったライダーですし、勝ちたかったです。

チャンピオンを獲ろうと思うと、安定して成績を残すことが大事です。チームの評価も同じで、自己評価としても、安定感を求めています」と言う。チームの中でも、ジェットとは仲がいい。下田とジェットは、ワールドジュニアの65cc時代からライバルだったのだが、おそらくこの関係は下田がモトクロスを続けていく限り続くだろう。それだけに、久々に同じレースを走った今回は、だいぶ意識をしていたようだった。「ジェットはスムーズさや安定感はないんですが、一発のスピードが速いですよね」と。

「絶対に10位には入りたかったです。それがミニマムの条件でした」と下田。ポイントランキング上、3位に入るためには10位が必要だった。逆に言えば、10位で十分だったのだが、下田は「僕はロレッタリンで1-1をとった時も、守りに入ったりはしていません。守りに入ってはダメだと思う。全部、勝ちたいって気持ちじゃないと、結果はついてこないです」と。攻めに攻めた最終戦、結果は8位で余裕をもって目標を達成した。

現若手のAMAライダーにおいて、下田はジェットと並んで二大巨頭と表現できるだろう。一発の素ピードに優れ、勝利をものにするジェット。そして安定感に優れる下田丈。2020年はスーパークロスにおいて下田がシーズンランキングで上回り、モトクロスにおいてジェットが上回った。

ポイント2「全米の期待」
2021年、下田は名門“プロサーキット・カワサキ”から覇を競う

2019年、ホンダのトップチームであるガイコホンダからプロデビューを果たした下田。モトクロスは、マシンの準備や、レースの戦略など、体制が大きく左右するスポーツ。いかにスキルがあろうとも、プライベーターから成り上がるのは難しい世界なのだが、下田の場合はアマチュアからプロへの移行でいわばプラチナチケット、つまり有力トップチームからの参戦体制を得ていた数少ない一人だ。

だが、とても残念なことに、ガイコホンダは2020年をもってスポンサーを失ったことにより、解散の憂き目に遭う。6名もの有力な若手を担っていたガイコホンダのライダーを、各メーカーが目の色を変えてスカウトに走った。その中で下田丈を捕まえたのが、名門プロサーキット・カワサキだ。

まずオファーがあったのは、フェニックスレーシング。アメリカホンダの意向もあったらしく、マシンはガイコホンダ、つまりファクトリーコネクションのマシンが供給される予定だった。2022年に、もしかしたら新チームかホンダファクトリーのTeam HRCへ下田を引っ張りたい、そんな意識があったらしい。

そこに、下田本人へプロサーキットの名監督ミッチー・ペイトンから電話があったという。もちろん、これは下田へのオファーだった。ただ、すでに4名のライダーを抱えるプロサーキットでは、バジェットの確保に苦戦し、この時点ではスーパークロスだけのオファーだったという。下田の意向は、フルシーズン。フェニックスが濃厚だった。

「その時は、2021年はとにかく頑張って走って、2022年の契約を目指そうと思っていました。ところが、フェニックスレーシングの本社があるイーストコースト行きのエアチケットも取って、マネージャーと飛行機に乗ろうとしていたところでした。ミッチーから再び電話があって、フルシーズンで走ってもらえることになった、と。プロサーキットからオファーがあって断るライダーなんていないでしょう?」と下田は嬉しそうに話す。

名監督であるミッチー・ペイトンは洞察力に優れると、下田は評価する。「開幕戦は、緊張してしまっていたんですが、そういうのも見抜いていました。遅かったな、とは言わないんです。理由を一緒に考えてくれる。どう直したらよくなるのか。インフォメーションもしっかりしていて、経験の豊かさを感じます。いろんなアイデアを持ってます。ガイコの場合は、そういうタイプの監督ではなかったですから」

ポイント3「新しい相棒KXとの相性」
パワーに勝るカワサキ、スタートもキマル

チーム移籍が発表された時点では「まだ、テストは始まっていません。まずはスーパークロスのコースと、KXに慣れるように、プロサーキットから支給されたバイクに乗っています。体格が似ていたらしくて、アイヴァン・テデスコのセッティングだとのことでした。

プロサーキットのバイクは、とてもいいです。パワーがありますね。これまで無理矢理飛んでいたジャンプが、余裕でこなせるようになりました。もちろん、これはバイクだけじゃなくて、去年のこのオフシーズンよりスキルが上がっていることも関係していると思います。コーナーも余裕をもって攻められるし、スタートもよさそう。今までのCRFと比べると、シート・ステップ間が短くなって、ホイルベースが長くなったようなイメージを受けますね」と下田はファーストインプレッションを話している。

そして、開幕を終えた今、「エンジンがシンプルに速いですね。感覚的には、今までのホンダは軽く回せて勢いがありました。カワサキはどっしりしたパワーフィーリングです。車体は少し長めに感じますが、安定感に繋がっていると思いました。これまで、テストは5回くらいやったかな、僕はコーナーとフープスにセッティングを合わせる傾向にあります。コーナーがよければ、ジャンプはこなせるので。エンジンは、与えられたもので満足しています。ライダーによってはもちろんマッピングを変えるんですが。

何よりテストの徹底ぶりが、すごいなと思っています。たとえば、ハンドルをテストしようって話になったら、テストの場には全ラインアップが揃っているんです。言い訳できないところまで、追い込まれる」と下田。たくさんのチャンピオンを生み出してきたプロサーキットの、レースに対するノウハウを存分に享受している。

「来年は、チャンピオンシップイヤーになるだろうから、自分のスタイルももっと出来ていると思います。250の仕上げの年になりますね。今年はオースティン・フォークナーがタイトルを望まれているわけです。来年は、僕が獲らなきゃダメです」と言う。もちろん、今年も狙っていないわけではないのだが。

ポイント4「好敵手、ジェット・ローレンス」
越えるべき相手は、同じ時代と共に成長する

まだ、65ccで下田丈が戦っていた頃、年にして2014年のこと。ベルギーで開催されたジュニアモトクロスワールドチャンピオンシップで、表彰台の頂点にいたのが、ジェット・ローレンスだった。2位は我らが下田丈。そして、2019年初旬に鳴り物入りでアムズオイルホンダ入りしたのが、ジェットだった。

中央が、ジェット・ローレンス。左は下田だ。

オーストラリア出身のジェットは、オーストラリアが急激にオフロードバイクでの成績を高めている最中に出てきたキッズだった。兄はチームメイトでもあるハンター・ローレンス。ローレンス家は、オーストラリアからまずMXGPへチャレンジするためにドイツへ。数年後の今年、アメリカのレースシーンへ軸足を移してきた。これまでの下田のライバルといえば、カワサキのセス・ハマカー、あるいはKTMのピアース・ブラウン、ハスクバーナのジャレク・スウォルだったが、ジェットはアメリカのアマチュアシーンに突如現れた新星であり、下田にとっての5年越しのライバルである。下田は、最後のロレッタリン参戦時に、強調してこう残している。「同世代のライバルは、ジェットだけです。ジェットはヨーロッパから来てるから、年下なのに経験も豊富です。レースが巧い。展開の作り方が上手です。めちゃくちゃ速いってわけじゃないけど、バランスがいいんですよね」と。

2020年、モトクロスの最終戦後には「もちろんジェットに勝ちたいは勝ちたいです。けどジェットは僕よりもクイックに物事を学んで吸収できる、僕はジェットよりも少し時間がかかる、それだけの違いだと思っています。今のところは結果的に僕の方が遅かったし体力がなかったりするので仕方ないですが、最終的には勝ちたいです。今シーズン中にもだんだん近づくことができてきたし、最終戦はほとんど差はなかったと思っています」とまとめている。

ポイント5「鍛え抜かれた体幹、若手に珍しい追い上げスタミナタイプ」
下田のライディングにおいて、持ち味はタフさ。日本でも世界でも、アマチュアからプロに移行する際に壁として立ちはだかるのは、スタミナだ。キツイ無酸素運動の連続になるスーパークロス250SXで15分+1周、モトクロスでは30分+1周を2ヒート。これを毎週、いやコロナ禍の特殊なスケジュールでは、2週間で3レースという隙間の無いスケジュールでこなしていくことになる。

プロクラスは、特に序盤のスピードがとてつもない。先頭を逃がしてしまえば取り返しが付かないことになるので、大勢が固まるまでは、各ライダーが死にものぐるいで飛ばしていくのである。下田は、実際にはこの序盤におけるスピードが目下課題となっている。スタートで10番手ほどに落ち着いてしまったあと、トップ集団を逃してしまう展開がよくみられるのだ。

だが、そこからの下田はとても強い。ほとんど転倒による離脱はなく、着実にラップを刻んで追い上げていく。2020年の後半は、ほとんどがこのタイプのレースで、表彰台グループまで届かずともシングルフィニッシュは固いというところだった。

2021年の開幕戦では、スタートを成功させることで最高位4位をゲット。安定感と、序盤の展開を奪えれば、表彰台の常連も遠い話ではないことを予感させたのだった。

下田は「いまは、全体的に身体を作っています。特に、心臓を大きくするためのトレーニングがメインですね。そのために、足の筋肉が必要になっています。具体的には、低心拍数で90~120分くらいの連続した負荷をかけてから、急激に上げるようなトレーニングをしています」とのこと。成長期を経て、アマチュア時代から格段に身体もできあがった下田は、新時代のライダーらしく体幹でライディングするフォームをとる。

ポイント6「進化中の片足スタート」
2020年の課題であった、スタートは2021年の開幕で解消されたように見える。下田本人も、オフシーズンに入念な準備をしてきたという自負がある。

モトクロスのスタートは、正確にまっすぐバイクをたてなくては左右に振れてしまうから、両足を足台あるいは地面に置くのがスタンダードな手法である。だが下田が今トライしているのは、左足をステップにのせておいて、右足を地面につけておく方法。

「アメリカでは、片足スタートをする人は少ないです。左足をフットレストに乗せて、右足を地面につけておくことでシフトチェンジがしやすいのと、フットレストを後ろにプッシュしながらスタートできるのが利点です。僕にとっては、かなり調子がいいですね。クラッチのスムーズな操作も徹底的に一人で練習しました。

あと、1週間前にマカドゥとハンメーカーと練習したんですが、その時ビデオにとってもらって気付いたことがあるんです。スタートでて、マシンをまっすぐに立てられてて、それでもマシンがあまり前にでてなかったんですが、僕はゲートを越えたあとにアクセルがちゃんとあいてなかったんですよ。半分くらいしか開いてなかった。ロガーとかでは気付かなかった部分でした。最後の週はスタート練習ばっかりして、これを治すことで、またよくなりましたね。クラッチに集中しすぎてたんですね、今まで。

マシン的には、パワーがあるKXであることやウイリーしないこともメリットなんですが、スタート時に使うトラコンがあって、これもいい結果を出してくれました」とのこと。

ポイント7「実は学業も両立、今年は大学へ」
モトクロスのプロライダーは、学業には目もくれず一心不乱に子供時代から練習しまくるもの。AMAのプロを目指す場合は、オンラインスクールを受講しながら義務教育にとどめる者が多い。アメリカの場合、日本の9年より長く、「K-12」と呼ばれる12年のカリキュラムを受ける必要がある(飛び級があるので、実際には短縮が可能だ)。下田によれば、そのK-12も途中になっている者も多いそうだが、下田は実はこの2021年に大学へ進学する希望を出している。

「勉強、好きなんですよ。結構、マジにやってます。ヒストリーは苦手で、数学とか理科が得意です。ポリティクスとか、エコノミーも好き。本当は、2020年の末に考えなくちゃいけなかったんですが、プロサーキットとの契約が大事だったので進学のことを考える余裕がなかったんですよね。

僕は、何をやりたいのかはまだ決まっていないんです。でも、このあとちゃんと決めなくちゃ」と下田。モトクロスのプロ活動が忙しいことから、大学のカリキュラムもオンラインになるのだろうが、修士をとっておきたいのだと。「お母さんは、建築士がいいんじゃないかって言ってるんですけどね」とのこと。

ポイント8「拠点は、モトクロスの聖地カリフォルニア」
30分圏内に、著名なレーストラックが山ほど

速くなるには、環境を整えるべきだ。その繰り返される明言に沿って、下田は85cc時代からアメリカのカリフォルニアに拠点を移した。広大なカリフォルニアでも、ロサンゼルスからは遠い地域で荒野が拡がっている。最高の環境をもつ下田の家は、これまで多くの日本のライダーを受け入れ、モトクロストレーニングのための施設としてファシリティを提供する「Socal MXTF」としても有名だ。

シーズンオフは「エルシノア、グレンヘレン、スターウエストのスーパークロスコースによく行っています。あとは、プロサーキットのスーパークロスコースが2つあるんですが、テストや練習で通いました。

グレンヘレンの近くにあるプロサーキットのスーパークロストラックは、イカレてますよ。フープスはめちゃくちゃ深いし、ジャンプも思い切り長いんです。1日でセス・ハンメーカー(2021ルーキー)が4回フープスで転んだくらい、難しい。絶対本戦では使わないような難易度なんですよ。マカドゥとか、フォークナーが難しすぎるってクレームを何度もつけて、ようやく走れるようになるくらい難しい(笑)。コロナにあるプロサーキットのトラックは普通なので、管理人のせいですね(笑)」と話す。

ポイント9「天才を育てたライディングコーチ、ヤニング」
2020年のスーパークロスデビューに備え、チームの意向からレジェンドであるジェフ・ワードをパーソナルコーチに迎えた下田。その後、シーズン中にJ・ウィップルと契約するものの、やはりうまく合わなかったか、再度コーチを変更。アマチュア時代からコーチをしていたヤニング・カーベラを呼び戻すこととなった。

ヤニングは、天才マービン・ムスキャンを育てたフランス人。自らも、若い頃はライダーだった経験があり、今はプロコーチとして名を馳せている。Off1.jpでは、ヤニングとのトレーニングを若い頃から取材しているのだが、ヤニングは基本に忠実で常に細かい部分まで目を配らせ、テクニカルなセクションなどで崩れがちな基本を修正していく。たとえば、ウィップルの場合は450ccで練習させたりと若干トリッキーな側面があったようだが、ヤニングは正統な手法をつきつめる王道タイプだ。また、シーズン中に無理をさせず、しっかり全力を出せるコンディション作りにも余念が無い(シーズン中にも無理なトレーニングをさせるコーチは、特に嫌われる傾向にある)。

「ヤニングにコーチを戻してから言われたんですが、バイクを寝かしすぎだと。ペグが地面に擦れてスピードが落ちてると指摘されたんです。乗っていて、ペグが引っかかって減速するような感覚は感じていたんですが、今はワダチの状態をみてバンク角とコーナリングスピードを調整できるようにしています。勢いがありすぎてマイナスになってたわけです。まだ未完成ですが、だいぶ巧くなりました」と開幕戦後に下田は言う。

ステップを擦ったからといって、ロスするタイムなんてあるのだろうか、と思う人もいるだろう。でも、下田が走っているスーパークロスは、そのコンマ0.1秒をつめていく世界である。ワダチにひっかかったセグメントでタイムが落ちていることが、体感できるというのだ。

「ウィールタップとかもそうですね。難しいし、自信がないと挑戦できない。レース本番でやろうとすると、条件がよくないとできないですし、実戦で使えるかどうかは別の話。ただ、タイムクオリファイなんかでは、そのくらいタイムを削る場所を入念に探していくんですよ。ヒューストン1はかなり荒れてたので、ラインもだいぶ変える必要がありました」と下田。タイムを出す作業というのは、そういうものなのだと。タイムクオリファイが終わったら、空き時間で走行のビデオを分析し、どこで削っていけるか研究し、実戦に移す。「ヒューストンでは、たとえばフープスの前のコーナーでライン取りが問題でした。コンマ2秒違いましたからね」

時は2021年、早くもスーパークロスは第3戦へ。ぜひ、この先の途を、見守って欲しい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します