サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキとスバル、国内工場の操業を一部停止 新型コロナウイルス影響

ここから本文です

スズキとスバル、国内工場の操業を一部停止 新型コロナウイルス影響

◆スズキ、4月16日以降も国内5工場の操業を一部停止…新型コロナで海外調達部品が不足

スズキは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、4月6日以降も国内工場の操業を一部停止する。

スズキは、新型コロナウイルス感染拡大で、海外から調達している部品が不足していることから国内5工場の操業を4月1日から3日まで停止した。しかし、今後も海外調達部品の一部で納入に影響が出ることが見込まれるため、4月6日以降も操業を一部停止する。

アルト』『スペーシア』『ワゴンR』『ハスラー』『ジムニー』などを生産する主力の湖西工場(四輪)は、4月9日、10日、17日の操業を停止。『エブリイワゴン』『エブリイ』『キャリイ』などを生産する磐田工場は4月9日、10日、17日、18日の操業を停止する。

イグニス』『スイフト』『ソリオ』『クロスビー』の生産およびエンジン組立などを行う相良工場は、4月6日から17日まで、交代勤務から1勤へ変更する。『GSX-R1000R』『Vストローム1000XT』『SV650X』など二輪車を生産する浜松工場および湖西工場(船外機)は、4月10日の操業を停止、それ以外も交代勤務から1勤へ変更。鋳造部品の製造などを行う大須賀工場も4月10日の操業を停止、4月9日および17日は一部操業となる。

なお、4月20日以降の工場操業については、状況などを見極めた上であらためて判断するとしている。

◆スバルも新型コロナウイルス影響で国内工場の稼働を一時停止

スバルは4月1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う部品調達の影響と世界的な需要減少に対応して生産調整するため、国内工場の生産を停止すると発表した。

スバルが新型コロナウイルスの影響で国内生産拠点を停止するのは初めて。これで国内乗用車メーカー8社すべてで国内生産が一時停止することになる。

スバルは完成車を生産している群馬製作所の本工場と矢島工場、エンジン・トランスミッションを製造している大泉工場について4月11日から5月1日まで生産を停止する。生産停止日数は稼働日ベースで17日間で、約3万9000台程度の減産となる見通し。

5月2日から10日まではゴールデンウィークで休業となるため、操業再開は5月11日で、約1カ月間、生産停止となる。

スバルでは米国工場も3月23日から4月17日まで操業停止を決めている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します