サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルのSUVがより鋭い「曲がり」を実現! 新型フォレスター登場へ

ここから本文です

スバルのSUVがより鋭い「曲がり」を実現! 新型フォレスター登場へ

6月14日、スバルは、SUVの「フォレスター」の大幅改良モデルを発表した。

2018年6月に登場した現行フォレスターは、初代から数えて第5世代になる。今回の大幅改良でエクステリアがアップデートされ、先進安全装備が拡充された。

なくなる前に乗っておきたいクルマ第1回──「MTのポルシェ911」

新世代スバルのデザインコンセプトとされる「BOLDER」(より大胆に、の意味)の考え方に基づき、フロントまわりはヘッドライトやグリル、バンパーなどが、より主張の強いデザインになった。足まわりは、「しなやかさとスポーティさを高次元で両立した」(報道資料)とうたう。アルミホイールは新デザイン。内装には、とくに大きな変更はない。

エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド仕様の「e-BOXER」には、新しい変速制御システムである「e-アクティブシフトコントロール」が搭載され、「SI-DRIVE」でのスポーツモード選択時の走りがよりスポーティになったという。具体的には、コーナー進入時、アクセルやブレーキの操作状況などからスポーティな走行と車両が判断した場合に、この制御が始まる。無用なシフトアップを避け、パワーバンドにあるエンジン回転数をキープしたまま旋回に入り、コーナー脱出時にはモーターアシストを作動させて、より力強い加速をもたらす、という。

先進安全装備パッケージの「アイサイト」は、新世代になり、ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良によって、衝突被害軽減ブレーキの性能などが向上したという。

新型フォレスターは8月に正式発表の予定。搭載するパワーユニットや価格などの詳細は今後明らかにされる。

文・稲垣邦康(GQ)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します