サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペンは首位と僅差。トロロッソ勢にトラブルも「PU面で土曜以降への影響はない」とホンダF1田辺TD

ここから本文です
 2019年F1ブラジルGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=19番手(ノータイム)/2=3番手、アレクサンダー・アルボンはフリー走行1=1番手/2=9番手だった。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトはフリー走行1=9番手/2=14番手、ピエール・ガスリーはフリー走行1=8番手/2=12番手という結果だった。

 FP1でアルボンは路面が濡れていた時間帯にインターミディエイトタイヤでトップタイムをマークしたが、ソフトタイヤに履き替えてコースに出た際に体勢を崩してコースオフ、バリアにクラッシュした。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン