サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ソーラー充電システム搭載!トヨタがスバルと共同開発した4WDのEV「bZ4X」初披露

ここから本文です

トヨタは4月19日、電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「bZ(ビーズィー)」を発表。中国・上海モーターショーにてシリーズ第一弾となる「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初披露した。

bZ4Xは、スバルとの共同開発によるSUVタイプのEV。トヨタ、スバルで共同開発したe-TNGA EV専用プラットフォームを採用する。電動化を得意とするトヨタ、優れたAWD技術を持つスバルが互いに強みを持ち寄り、快適かつ楽しい走りを実現するEVだ。

日野の新しい小型EVトラック「デュトロZ EV」はなぜ前輪駆動なのか?

EV専用プラットフォームにより、ショートオーバーハング・ロングホイールベース化を実現。

おすすめのニュース

サイトトップへ