現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なんでも長~い! 中国市場の欧州車事情とは?──上海モーターショーレポート

ここから本文です

なんでも長~い! 中国市場の欧州車事情とは?──上海モーターショーレポート

掲載 更新
なんでも長~い! 中国市場の欧州車事情とは?──上海モーターショーレポート

近年の上海モーターショーは、欧州メーカーが新型モデルを発表する場でもある。2019年は、ポルシェ「カイエンクーペ」、アストンマーティンの市販電気自動車「ラピードE」、そしてメルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLBコンセプト」などが、お披露目された。

これらブランニューモデル以上に興味深いのが、欧州ブランドの中国専用モデルである。なかでも、ボディをストレッチしたロングホイールベース・モデルが目立つ。

レビンが買える!? 日本では買えない日本車たち──上海モーターショーレポート

もっとも注目を浴びていたのは、BMWの「325iL」だ。日本でも販売が始まった新型3シリーズのロングホイールベース版で、通常モデルに対し、ホイールベースは41mm延長されている。

おなじドイツ勢のメルセデス・ベンツは、新型Aクラスセダン(日本未導入)のロングボディである「A200Lセダン」と、AMGバージョンの「AMG A35L セダン」をお披露目した。こちらもホイールベースは、ベースモデルに対し60mm延長されている。AMGモデルにまでロングホイールベース仕様を作るとはすごい。

ちなみに、Aクラスセダンのロングホイールベース・モデルは中国生産車に限られるという。AMGバージョンもおなじであるという。AMGがドイツではなく中国でも作られるようになったとは驚くばかりだ。

ちなみにメルセデスはAクラスのみならず、CクラスやEクラス、そしてSクラス(こちらは中国限定ではない)まで、基幹セダンにはすべてロング仕様を用意する徹底ぶりだ。

かつては中国の高官が好んで愛用し、現在でも中国国内で高いブランドイメージを保つアウディもロング・ボディを多くそろえる。「A4」や「A6」といったセダンにくわえて、なんとSUVの「Q5」にも設定されている。

ほかにもフォルクスワーゲンの「ティグアン」やプジョー「508」にもロングホイールベース・モデルが設定されていた。

なぜ、中国の人々はロングホイールベースを求めるのか? いくつかの欧州メーカーの担当者に聞いた答えを、端的にまとめると「面子(めんつ)」のためという。

中国においてクルマのリアシートは、運転手付きのリムジンを除けば、誰かを乗せてもてなすための空間であり、快適性の高さこそが、オーナーの面子を保つというのだ。

しかも、日本以上におもてなしが重要視されるため、必然的にベースモデル以上の豪華さと居住性の高さを求められるという。

したがって、居住性の高いロングホイールベース・モデルが求められるのだ。実際、これらモデルのリア・シートに乗ると広い。日本人の感覚からすれば広すぎるくらいだった。

なお、欧州ブランドの中国専用モデルはロングホイールベース・モデルに限らない。たとえばフォルクスワーゲン・ブースには「Tharu」というクロスオーバーSUVが展示されていた。

BMWは「1シリーズセダン」を中国専用モデルとして設定する。中国以外では販売されていない1シリーズセダンは、名前こそ1シリーズであるが、メカニズム上はハッチバックとは無関係である。ハッチバックがFRなのに対し、FFなのだ。

1シリーズセダンは現行「2シリーズ」のツアラー系や「X1」、さらには「MINIクラブマン」といったFF系のプラットフォームに、現行1シリーズのハッチバックに似たデザインのセダンボディを被せているのである。

かつて中国市場で販売される欧州メーカーのモデルといえば、商品価値と原価の下がった旧型モデルばかりであった。

たとえば古くから中国市場に参入していたフォルクスワーゲンは、欧州や日本で1980年代に販売されていた「サンタナ」が、改良を繰り返しながら、なんと2012年まで現役だった。

もちろん、今でもそういった廉価モデルは販売されている。フォルクスワーゲンは、2019年、「ジェッタ」と呼ぶ新しいブランドをつくり、若者向けの低価格モデルを販売している。

しかし、欧州メーカーが販売する旧型モデルや廉価モデルは少なくなった。とくに大都市圏では消費者の所得も上がり、より豪華で快適な新型モデルを求める傾向が強いという。

結果、欧州メーカーは、最新モデルのロングホイールベース・モデルや最新のプラットフォームを使った中国専用モデルを開発、販売しているのだ。

変わりゆく中国市場は、当面、世界最大規模を保ち続けると言われている。国内外200以上の自動車メーカーが競い合う激戦区のなかで、欧州メーカーの戦略も確実に変化していることを、2019年の上海モーターショーで、あらためて実感するのであった。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
トヨタ「“12人乗り”アルファード」を発見!? “全長7m超”ボディ&豪華な「独立シート」装備! 「大型テレビ」も搭載のスゴイ贅沢な「カスタムコースター」とは?
くるまのニュース
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
スズキが「エネルギー極小化」に向けた技術戦略2024を発表
レスポンス
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ポルシェ[911]がついにハイブリッドに!! 最高出力は[540馬力超え]!? 驚異の加速力がハンパなかった!
ベストカーWeb
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
もう巨大ショールームのような「モーターショー」は不要! 100年の歴史をもつ「ジュネーブショー」消滅に見る今の時代に求められるものとは
WEB CARTOP
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
キケンな燃料輸送もう必要なし!「油の地産地消」 兵器大手がPRする新たな手法とは ?
乗りものニュース
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
〝速さ〟だけが高性能モデルの魅力にあらず、新世代レクサスの凄みに脱帽 「LEXUS LBX MORIZO RR」試乗レポート
月刊自家用車WEB
永久磁石のサプライチェーン構築へ、AclaraとVACが戦略的提携を発表
永久磁石のサプライチェーン構築へ、AclaraとVACが戦略的提携を発表
レスポンス
レクサス・LBXの高性能モデル「LBX MORIZO RR」の国内仕様車を発表、価格は650万円から
レクサス・LBXの高性能モデル「LBX MORIZO RR」の国内仕様車を発表、価格は650万円から
月刊自家用車WEB
レクサスLBXの高性能版、“MORIZO RR”が遂に出た!──GQ新着カー
レクサスLBXの高性能版、“MORIZO RR”が遂に出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
ホットハッチの新提案──新型レクサスLBX MORIZO RR試乗記
ホットハッチの新提案──新型レクサスLBX MORIZO RR試乗記
GQ JAPAN
[15秒でニュース]フィアット『500』67回目のバースデー、2025年末には新モデル誕生
[15秒でニュース]フィアット『500』67回目のバースデー、2025年末には新モデル誕生
レスポンス
トヨタ新型「“2階建て”ハイラックス」公開! 家族3人が「車中泊」OK!? ゴツ顔キャンパー「FTポーター」お披露目
トヨタ新型「“2階建て”ハイラックス」公開! 家族3人が「車中泊」OK!? ゴツ顔キャンパー「FTポーター」お披露目
くるまのニュース
素朴な疑問!? 「月極駐車場」にバイクも停めてもいいのか?
素朴な疑問!? 「月極駐車場」にバイクも停めてもいいのか?
バイクのニュース
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
【ホンダ フリード 新型】上質で洗練されたAIRの内装[詳細画像]
レスポンス
格上にも匹敵の速さ[MR-S]!! 楽しさは[ロードスター]が別格! 超意外すぎた比較結果とは? 【リバイバルBESTCAR】
格上にも匹敵の速さ[MR-S]!! 楽しさは[ロードスター]が別格! 超意外すぎた比較結果とは? 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
アウディQ8のRSモデルがアップデート ニュルを7分36秒で走り抜けた
アウディQ8のRSモデルがアップデート ニュルを7分36秒で走り抜けた
Auto Prove
「ちょっとクルマ貸してよ」実は破滅の危険も!? 自動車保険「持ち主以外が運転」の落とし穴とは!? どういう契約だと「他人に貸して事故」も補償されるの?
「ちょっとクルマ貸してよ」実は破滅の危険も!? 自動車保険「持ち主以外が運転」の落とし穴とは!? どういう契約だと「他人に貸して事故」も補償されるの?
くるまのニュース
マクラーレンF1、復活の秘訣はチーム代表だ! CEOが太鼓判も本人は謙遜「トップチームと戦うにはまだ課題が残っている」
マクラーレンF1、復活の秘訣はチーム代表だ! CEOが太鼓判も本人は謙遜「トップチームと戦うにはまだ課題が残っている」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0570.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.9578.0万円

中古車を検索
Aクラス セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0570.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.9578.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村