サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スタイルと走りを両立する 現在の日本の技術が息づいたディガー・カスタムの乗り味は?

ここから本文です

■ターボを備えたディガーカスタム

 一見すると同じように思えても、実際に触れてみるとまったく別モノと呼べるマシン……人間が手を入れてカスタムする以上、ロングフォークのチョッパーやディガーは、”創り手”によってまったく違うものになる側面を持っています。

70年代に栄華を誇ったカスタム「ディガースタイル」 その成り立ちと日本に与えた影響とは

 たとえば1970年代当時、「とにかくカッコいいから改造してしまおう(あくまでも推測ですが)」というノリで作られたロングフォーク・チョッパーなどは、スタイルこそクールですが、異常に重いハンドリングなど辟易するものがほとんどです。

おすすめのニュース

サイトトップへ