サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いまクルマを買うなら「プラグインハイブリッド」がベストな選択かも! 多数揃った国内外モデルの「買い」とは

ここから本文です

いまクルマを買うなら「プラグインハイブリッド」がベストな選択かも! 多数揃った国内外モデルの「買い」とは

 国産車、輸入車ともに多彩なラインアップがそろう

 世界的なクルマの電動化の流れ、将来的な規制から、次期愛車を電動車にしたいと思っている人も少なくないはずだ。しかし、これまで内燃機関のクルマに乗り、ガソリンスタンドでささっと燃料を満タンにできたユーザーからすると、一気にピュアEVにいくのは、ちょっと抵抗があるかもしれない。小心者のボクなんかは、ピュアEVで走り出した瞬間から、電欠の心配でドキドキしたりする。

あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

 ナビで近くの充電スポットを案内してくれるのは今や当たり前の機能だが、それとて、1基から数基の充電スポットが空いているかは分からない。とくに愛犬とドライブするような愛犬家にとっては、たとえば雨の日、暑い日に、高速道路のサービスエリアで充電するのはけっこうやっかい。というのも、ペット連れだと、サービスエリアのお店の店内で充電を待つことができないからである(ほとんどのサービスエリアでは、ペットはテラス席のみの利用だ)。

 そこで、電動車、それもエンジン主体で走るHVではなく、よりピュアEVに近い電動車が、PHV(PHEV)だ。駆動は基本的にモーターで、しかし発電を担当するエンジンを積んでいるため、電欠の心配なし。ガソリンが入っている限り、どこまでも、充電を心配することなく走ることができるのだ。しかも、主に国産PHV(PHEV)の場合、外部給電も可能(HVでも可能)。

 つまり、アウトドアでの電源車として、あるいは災害時の電源確保にも使えるのも大きな魅力であり、安心である。ピュアEVでも外部給電は可能だが、バッテリーが底をつけばそれでおしまい。昨シーズンの高速道路で大雪によって多くのクルマが立ち往生したニュースが記憶に新しいが、そんな場面でも、PHV(PHEV)なら最悪、ガソリンを補給することができれば、暖をとり、走り続けることができるというわけだ。

 さて、そんな幅広い意味で理想的なPHV(PHEV)が今、増殖している。国産車はもちろん、輸入車でも続々登場しているのだ。

 国産車なら、国産PHVのパイオニア的存在でもあるトヨタ・プリウスPHV、RAV4 PHV、これまた国産PHEVの実力を多くのシーンで見せつけてくれてきた三菱アウトランダーPHEV、その流れをくむ最新のエクリプスクロスPHEV、そしてホンダにもちょっとマニアックながら、クラリティPHVがある。

 ちょっと前までは、PHV(PHEV)と言えば国産車!! というイメージだったのだが、今ではむしろ輸入車のほうが選び放題だ。BMW、ボルボ、メルセデス・ベンツ、DSオートモビル、アウディ、ジャガー、ランドローバー、フォルクスワーゲン(VW)、プジョーから、なんとジープ、ポルシェにまでPHVモデルが用意されている。

 なかでも、世界でいち早く全モデルの電動化を完了したボルボは、なんとXC40からXC90に至る、国内ラインアップ最多の全16モデルのPHVが手に入るほどである。

 ところで、PHV(PHEV)でも気になる充電環境についてだが、アウトランダーPHEV、エクリプスPHEVのように、自宅でも機器があれば可能な普通充電、高速道路のSA/PAにあるような急速充電のどちらにも対応するPHV(PHEV)に対して、RAV4 PHVや輸入PHV、たとえばボルボのPHVのように、普通充電にしか対応していない車種もある。

 急速充電に対応しない理由はさまざまだが、一例としては、コストダウンが挙げられる。急速充電に対応しなければ、それだけ安くPHV(PHEV)を提供できるのだ。

 価格やEV走行距離、給電機能などで比較する

 ここで、急速充電に対応していないと超不便ではないか? という疑問が湧いても当然だろう。たとえば、エクリプスクロスPHEVの場合、AC200V/15Aの普通充電であれば、満充電に約4.5時間、急速充電ならお約束の80%充電まで約25分(独占利用を防ぐためいち充電は30分までがルール)で済むのである。一方、急速充電ができないRAV4 PHVは、200V/16Aの普通充電で約5時間、自宅で充電設備なしで充電可能な100V/6Aでは約27時間の充電時間となる。

 ただそれは、PHV(PHEV)の場合、決定的なネックにはならない。EVに対して「お先にどうぞ」という、充電の機会を譲るプレートが装備されているように、充電不足でも、エンジンによって走り続けることができるからだ。普通充電のみのPHVでも、今では廉価な200V充電器を自宅に取り付け、夜、深夜電力料金で寝ている間に充電すればいいだけのこと。RAV4 PHVの約5時間は、まったく問題にならないはずだ。出先でも、200V充電が可能なホテルに滞在するのであれば、これまた夜に充電すればいいだけのことなのだ。

 では、価格的に手に入りやすいPHV(PHEV)と言えば、最安値は331万3000円から手に入る、プリウスPHVだ。装備の充実したグレードでも400万円以下で収まる。ただ、旬のPHVなのかと言えば、そうでもないのだが。

 旬、というか、今、世界的に大ブレークしているとSUVのPHV(PHEV)なら、384万8900円からある三菱エクリプスクロスPHEV、SUVタイプのPHEVとして世界販売台数NO.1の三菱アウトランダーPHEVも436万4800円からの価格で手に入る。トヨタRAV4 PHVも469万円からのプライシングとなる。

 輸入車のPHVの価格はさすがに一気にハネ上がる……と思うのは当然で、たとえば比較的コンパクトなボルボXC40 Recharge=PHVで649万円、XC60 Recharge=PHVになると834万円、XC90 Recharge=PHVに至っては1139万円という価格になる。やっぱり輸入PHVは高嶺の花……と思うのは早い。

 ジープ史上初となるジープ・レネゲードのLimited 4xe=PHV(公称EV走行距離48km)なら輸入車にして498万円となる。ちなみにVWゴルフ7のPHV=GTE(最大EV走行距離53km)は今では中古車でしか買えないが、相場は2016年式で200万円前後とリーズナブル。ちなみにこれから上陸するゴルフ8のPHVは最大約80kmのEV走行が可能だというから楽しみだが、価格はベース車両を含めてグーンとハネ上がるはず。

 一方、いち充電でのEV走行距離が長いのは、PHVとして国内トップレベルのEV走行距離を誇るホンダ・クラリティPHEV(598万9500円)の101km(WLTCモード)。そしてRAV4 PHVの95km(WLTCモード)と続く。国産PHV最安値PHVのプリウスPHVは60km(WLTCモード)である。

 さて、そのなかから、おすすめのPHV(PHEV)と言えば、せっかくの電動車であり、給電機能に目を向けると、AC100V/1500Wコンセントを備えた国産PHV(PHEV)になると思う。EVのように、AC100V/1500Wコンセントから給電は可能でも、バッテリーが底をつけばそれまで……ということもなく(ガソリンが入っていれば)、アウトドアや災害時にも大活躍してくれること必至。

 となれば悪路や雪道にも強い、オールラウンダーのSUV、4WDでもあるアウトランダー&エクリプスクロスPHEV、RAV4 PHVが理想的ではないだろうか。EV走行距離まで考慮すれば、WLTCモードで95kmのEV走行距離を誇る、AC100V/1500Wコンセント標準装備のRAV4 PHVが、現時点で最強のベスト・バイPHVと言えそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します