サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【カローラよお前もか】 そんなに3ナンバーがいいんか!! 5ナンバーでも立派&カッコよかったクルマ烈伝

ここから本文です

【カローラよお前もか】 そんなに3ナンバーがいいんか!! 5ナンバーでも立派&カッコよかったクルマ烈伝

 先ごろ、3ナンバーサイズとなって登場した新型カローラ。メーカーにもいろいろ都合があっての決断だが、もしアナタが「3ナンバーのほうが立派に見えるし、カッコいいじゃ~ん」などと考えているなら、それは誤りだ。

 かつての日本は税制の関係もあって、ほとんどのクルマが5ナンバーだったわけだが、それでも貧相に見えず、カッコいいクルマは、ちゃんと存在していた。

【グランエース MIRAI ヤリス…】 東京モーターショーで世界初公開されたトヨタ車 総まとめ!!!

「側突時の安全性が~」なんて話もあるが、たとえばスズキなどは現在も5ナンバー枠いっぱいを使いきらない全幅のモデルを販売している。つまり安全性も問題ないはずなわけだ。

 本企画では、かつて存在した5ナンバーサイズのナイスなクルマたちを紹介する。ぜひ現在にも、こんな素晴らしき5ナンバーサイズ車が誕生してくれることを願ってやまない。

●【画像ギャラリー】5ナンバーだってカッコいいモデルはできるだろ!? 往年のナイスな5ナンバーサイズ車をギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年10月のものです
車両解説:片岡英明/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月10日号

■トヨタ 4代目クラウン(1971年登場)

●クラウン史上最大の失敗作? いやいや、猛烈にカッコいいですよ!

 スピンドルシェイプと呼ぶ大胆なデザインを採用し、2ドアHTは個性的なアイラインウィンドウも話題に。小型車枠でも立派に見えたが販売低迷。

■トヨタ 2代目コロナマークII(1972年登場)

●現行マークXよりはるかにカッコよく思えてしまうのは、加齢のせいではないはずだ

 2代目マークIIでは2Lの直6エンジンを積む「L」シリーズが主役になる。4気筒車よりノーズを50mm延ばし、専用の2分割グリルを採用。

■日産 フェアレディ240Z-G(1971年登場)

●定番だけどカッコいいから紹介しちゃう

 2.4Lエンジンを積むため3ナンバーになるが、全幅=1690mmでボディサイズは小型車枠のなか収まっている。長いGノーズが際立つ精悍なルックスに憧れた。

■日産 5代目セドリック(1979年登場)

●国産初ターボ車なんで紹介しときましょう

 重量級ボディに2Lエンジンでは非力。この弱点を払拭するため5代目、430系セドリックとグロリアは2Lターボ車を追加設定。

■三菱 初代ギャランΛ(1976年登場)

●この目つき、こりゃ和製トランザムやで!

 GTOの後継として登場した2ドアハードトップクーペで、ワイド&ローのプロポーションが美しい。エンジンは小型車枠の2L、直4を積む。

■三菱 初代デボネア(1964年登場)

●威厳ありまくりのデザインでも全幅1690mm

 トヨタと日産に対抗して送り出されたプレステージセダン。小型車サイズだがエッジの利いたデザインで大きく見える。

■三菱 ギャランGTO(1970年登場)

●このカッコよさで全幅1580mmとかマジ!?

 ギャランの兄弟車だが、専用デザインを採用。逆スラントの凛々しい顔とダックテールが売りだ。1.6Lで登場し、後期型は2Lエンジンを搭載した。

■トヨタ 5代目マークII(1984年登場)

●185ps/24.0kgm発生の2Lターボ車もアリ

 セダンは6ライトウィンドウ、ハードトップはクリスタルピラーが特徴。主役の2L直6は、ターボやDOHCなど多彩だった。

■トヨタ 初代ソアラ(1981年登場)

●走り、装備。すべてが当時の常識破りだった

 ハイソカーブームの火付け役がソアラ。初代は2.8L車がリーダーだが、ボディは小型車枠の中に収めている。

■トヨタ A70型スープラ(1986年登場)

●ワイドボディのイメージが強いが、ナローもありました。

 3Lもあるが、主役は5ナンバーの2L直6DOHCとツインターボ

■日産 初代レパード(1980年登場)

●ソアラ登場に泣いた悲運の革命児

 ソアラの登場によって撃沈したが、デザインとメカは斬新だった。国産車最大のスラント角を持つノーズやガラスエリアなど、見どころ満載だった。

■日産 S13型シルビア(1988年登場)

●「定番だけどカッコいいから紹介しちゃう」第2弾

 5代目はエレガンスストリームラインと名付けた柔らかなシルエットが売り。次の6代目は全幅が3ナンバーサイズに。

■日産 初代セフィーロ(1988年登場)

●「お元気ですか?」のCMも印象に残る流麗なFRセダン

 3種のRB20系直6エンジンを積んで登場した個性派パーソナルセダン。全幅は5ナンバー枠いっぱいの1695mmとした。

■三菱 6代目ギャラン(1987年登場)

●トップグレードのVR-4はWRCにも参戦し活躍

 複合曲面の大胆なフォルムが話題をまいた。FF車に加え2L、5ナンバー車最強のフルタイム4WD(VR-4)を設定する。

■スバル 初代アルシオーネ(1985年登場)

●空力性能を徹底的に追求したクーペ

 スバル初のスペシャルティカーで、主役は電制エアサスを持つVR。1.8Lターボに加え、後に2.7Lフラット6を追加。

■マツダ 3代目コスモ(1981年登場)

●4灯式リトラクタブルヘッドライトがクセになる

 3代目コスモは全幅を1690mmまで広げ、ワイドタイヤを履けるようにした。エンジンはロータリーが主役。リトラクタブルライトも話題に。

【番外コラム】1970年代の軽カッコよすぎ案件

 最近の軽にはとにもかくにも居住性が求められる。が、かつては軽であっても走りのよさを予感させるクーペがもてはやされた時代があったのだ。

 というわけでその中でも特にカッチョいい、スズキのフロンテクーペと三菱のミニカスキッパー(ともに1971年登場)を紹介。復活してほしー。

●スズキ フロンテクーペ

 全長2995mm、全幅1295mm。デザイン原案はジウジアーロとステキすぎる

●三菱 ミニカスキッパー

ミニギャランGTOといった雰囲気の三菱 ミニカスキッパー

●【画像ギャラリー】5ナンバーだってカッコいいモデルはできるだろ!? 往年のナイスな5ナンバーサイズ車をギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します