サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 5代目スカイライン「ジャパン」は本当に「名ばかりのGT」だったのか?

ここから本文です

 1977年に登場した5代目スカイラインの「ジャパン」。そのライバルだったセリカに1979年のマイナーチェンジの際、使われたキャッチコピーが「名ばかりのGT達は、道を開ける」だった。

 「名ばかりのGT」とはセリカがDOHCエンジンを採用していたのに対し、当時SOHCエンジンの設定しかなかった5代目スカイラインを暗に挑発するもので、それが当時話題となった。

ハイブリッドなら国産車は世界一!? オーバー500万円国産車がドイツ車に勝っている点

 しかし、本当にスカイラインジャパンは「名ばかりのGT」だったのか? モータージャーナリストの片岡英明氏が当時を振り返る。

おすすめのニュース

サイトトップへ