サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 小は大を兼ねる!乗ってわかったダイハツの4代目新型「タント X」の○と×

ここから本文です

小は大を兼ねる!乗ってわかったダイハツの4代目新型「タント X」の○と×

今、日本でもっとも売れているクルマの上位5台はなんだろうか。実は、5台中、3台がスーパーハイト系と呼ばれる軽自動車である。2019年7月の国内新車販売台数を例に挙げれば、1位ホンダN BOX、3位ダイハツ・タント、5位スズキ・スペーシアとなる。

注目すべきは、7月9日にフルモデルチェンジしたばかりのダイハツ・タントがいきなり3位にランクインしていること。タイミング的にその中には旧型が含まれるものの、発売後1カ月の受注は、月販目標の12500台に対して、約37000台と、約3倍に達しているという人気ぶりで、多くのバックオーダーをかかえているという。

今週、話題になったクルマのニュース6選(2019.01.19)

それもそのはず、今をときめくスーパーハイト系軽自動車のパイオニアこそ、2003年に初代がデビューしたダイハツ・タントなのである(初代はスイングドア)。そして2代目では、助手席側Bピラーレスのミラクルオープンドアを採用。乗降性、特に子育て世代の使い勝手を追求してきた経緯があり、軽自動車の大空間ファミリーカー、子育てカーとして、2003年以来、絶大なる支持を得てきたのである。新型に注目が集まって当然だ。

新プラットフォーム「DNGA」を採用した4代目の新型「タント」

4代目となる、”小は大を兼ねる”新型タントは、何よりもDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)と呼ばれる完全新開発のプラットフォームを採用しているところがポイントだ。トヨタのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)と呼び名は似ているが、ダイハツオリジナルの新世代車体構造の総称である(名付け親はトヨタの豊田章男社長)。

しかも、エンジン、サスペンション、スプリットギアを用いた新デュアルモードCVT、シートまで全面改良&刷新。軽量高剛性ボディーで最大約80kgの軽量化を果たし、ボディーの曲げ剛性は約30%UP。NAエンジンの加速度15%向上、ターボエンジンのトルクアップまで手が入っているのだから、本気のフルモデルチェンジと言えるだろう。ちなみにDNGAは今後、ダイハツのA、Bセグメントのクルマにも使われるというから、タントでは余裕たっぷりのプラットフォームと言っていい。

オープンドア側から運転席へ室内ウォークスルーで移動できる!

タントの大きな魅力でもある、使い勝手面での進化も著しい。助手席側Bピラーレスのミラクルオープンドアを採用しているのはもちろん、新型では、そのミラクルオープンドアの使い勝手を最大限に生かすべく、世界初の運転席最大540mmのロングスライドシート(Pレンジ時のみ機能。要解除スイッチ操作)を、助手席最大380mmスライドともに採用。

そのメリットは、ミラクルオープンドア側から運転席へ室内ウォークスルーが可能となり、例えば、母親が後席に子供を乗せたあと、車外に出ることなく、車道側回り込むことなく、運転席に移動できるのである。雨の日、交通量の多い道での便利さ、安全性が飛躍的に向上していると言っていい。合わせて、クルマに戻った際、スライドドアが自動でオープンする、軽自動車初のウエルカムオープン機能(要予約操作)も日常使いの中で便利そうだ。

ダイハツは軽自動車にいち早く自動ブレーキを含む先進安全機能を装備してきた自動車メーカーだが、新型タントでは、ステレオカメラを基本とする次世代スマートアシスト=先進安全支援技術を用意。最先端のブレーキ制御付き前後誤発進抑制機能を含む15種類もの予防安全機能を装備しているのだ。

その中には、0~115km/hで作動する、渋滞対応型全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)やLKC(レーンキープコントロール)も、オプションのスマートクルーズパックとして用意しているのだから最先端だ(残念ながら、標準車のXターボ、カスタムRSのターボモデルのみの設定)。

例によって、標準車とカスタムが用意される、新型タントの標準車NAモデルの運転席に着座すれば、スーパーハイト系軽自動車ならではの大空間、というより、アウトホイールメーターを採用したインパネ回りの、上級車さながらの質感の高さ、収納の豊富さ&使いやすさ、全方向の視界の良さはもちろん、シートの掛け心地に感動させられた。新骨格を用いた、運転席と助手席のシートサイズと掛け心地が均一で差がない、5:5分割セミベンチシートにこだわった新シートは、お尻の部分がふんわり沈み込む、まるでフランス車のような快適な掛け心地と、体重で体をホールドする心地良いサポート感が得られるものだった。カーブでは上半身がグラつくことなく、頭部の揺れが少ないことも確認済みで、視線がブレないため、運転にかかわるストレス、疲労が最小限で済むはずである。

ベビーカーを畳まず乗せることも可能!十分すぎる後席のスペース

ちょっと気になるのは、NAモデルの場合、ACCを含むオプションのスマートクルーズパックが選べず、液晶メーターのドライバー正面部分が真っ暗なこと(不自然で寂しい?)。ターボモデルでオプションのスマートクルーズパックを選択すれば、そこがACCの作動画面になるのだが、せめて、デジタル速度計をドライバー正面にもってくるなどの変更が必要だろう。

後席の広さはいまさら説明する必要がないほど、依然、広大(身長172cmの筆者がドライビングポジション背後で頭上に270mm、ひざ回りに最大355mm(後席スライド最後端位置)。しかし、見るべき点はそこではなく、フロアに対するシートの高さ=ヒール段差が先代の330mmから360mmに高まったこと。おかげでよりいす感覚の自然な着座姿勢になるわけだ。合わせて、後席足元フロア、室内高の余裕から、A型ベビーカーを畳まずに乗せることも可能である。

ただし、後席シートスライド最後端位置では、シート下の燃料タンクの出っ張りがあるため、足が引けない。足が引けないと、立ち上がり性が悪くなるのが難点だ。いすに座った状態で、足を前に投げ出した状態だと、立ち上がれないのと同じ理屈である。が、後席を少し前に出せばそれは解消する(筆者の場合、シートを約130mm前にスライドさせ、ひざ回り空間を220mmにセットすると足が引ける。後席のスライド操作がかなり重いのは要改良点)。ちなみにホンダN BOXはセンタータンクレイアウトによって、後席下に燃料タンクの出っ張りがないため、どの位置でも足が引ける。

ラゲッジスペースは開口部地上高590mm、奥行き260~460mm(後席スライド位置による)、幅875mm、最低高1040mm~とミニマムだが、後席をパタンと前倒しすれば、拡大したラゲッジフロア奥行きは1030~1200mm(後席スライド位置による)に拡大するから、2名乗車限定なら、大容量ワゴンとしても機能するから便利で頼りになるだろう。



燃費性能はJC08モードで27.2km/L

そんな新型タントの標準車、JC08モードで27.2km/Lの燃費性能を誇るNAモデル(FF)の走行性能は、加速度15%UPの恩恵もあって、出足から素晴らしくスムーズかつトルキーに発進、加速する。動力性能は平たん路なら市街地、高速道路でもストレスのない運転、ドライブが楽しめるレベルにあり、スッキリとしたパワーステアリングの操舵(そうだ)フィール、14インチタイヤによるフラットで心地良い乗り心地が大きな魅力。ターボモデルと比べ、大きく差がつくのは、登坂路、高速走行が主と言っていい。

しかも、全高1755mmものスーパーハイト系軽自動車にして、カーブでの前後左右の姿勢変化はクラス最小、というか最小限。前席のシートの掛け心地、サポート性の良さもあって、車体の基本的に安定感の高さと相まって、安心感たっぷりのコーナリング、車線変更が行えるのである。スーパーハイト系軽自動車のNAモデルとして、クラスベストの走りの上質感、しっかり感、曲がりやすさを備えていると言っていい。タントは歴代、子育てカー、走りは二の次・・・というイメージが強いものの、新型は走行性能面でも飛躍的な進化を遂げたと断言できる。

つまり、新型タントは標準車のNAモデルであっても、ミラクルウォークスルーパッケージによる抜群の使い勝手の良さ、走りやすさ、スマートアシストによる先進安全性能といった、すべての項目で高い評価を与えることができる。これで、NAモデルにもACCが装備できれば(ホンダN BOXは現時点で渋滞追従しないものの、ACCを含むホンダセンシングは全車標準装備)、鬼に金棒。ACCは全車との距離を一定に保ってくれるため、自動ブレーキが働く以前のプレ自動ブレーキ機能としても効果的で、商品性、安全性能は格段にアップすると思えるからだ。



お薦めグレードは標準車のNAモデルの場合、スマートアシストが標準のXに限られるが、Xターボとの価格差は9万円(税別)。エンジンのゆとり以外の装備面は同等だが、オプションのスマートクルーズパックとして、ACCとレーンキープ機能が付けられる(5万5000円/税別 運転席シートリフター、専用ディスプレー、本革巻きステアリング、ETCユニット含む)メリットがある。高速走行の機会が多いなら、9万円(税別)を払う価値は十二分にあるだろう。アウトホイールメーターの液晶メーター画面も、すべて表示されるわけで・・・。

なお、新型タントのカスタムターボRSについては、改めて試乗記をお届けしたい。

ダイハツ・タント
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します