サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 勝田貴元、WRC最終戦モンツァは7位。2度のセカンドベストなど「いくつか収穫があった」

ここから本文です
 11月18~21日、イタリア北部のモンツァ・サーキットを中心にWRC世界ラリー選手権第12戦『ラリー・モンツァ』が開催され、TOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムから同ラウンドに挑んだ勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(トヨタ・ヤリスWRC)は、セカンドベストタイムを2回記録するなどスピードを示し、総合7位でフィニッシュした。

 2021年シーズン最終戦、そして現行規定WRカーでの“ラストイベント”として実施されたラリー・モンツァは、その名のとおり伝統のクラシック・サーキットが戦いの中心となるラリーだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ