サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツ「クレイジーなレース。15番グリッドから一時は優勝を狙っていた」フェラーリ/F1第11戦

ここから本文です

 2021年F1ハンガリーGP決勝で、フェラーリのカルロス・サインツは4位だった(暫定結果)。

■スクーデリア・フェラーリ
カルロス・サインツ 決勝=4位(暫定結果)
 まさにクレイジーなレースだった。15番手からスタートしながら、ポディウムに上がるチャンスは十分にあったのだから。

多重クラッシュ発生の大波乱レースを制してアルピーヌのオコンがF1初優勝。角田は自己最高タイ7位【決勝レポート/F1第11戦】

 最初のピットストップの後、ピットレーンの渋滞でウイリアムズとアルファタウリに対してポジションを失ったことが大きな痛手になった。その時点までは優勝を狙っていたのに、あれでトップを争える可能性が事実上消滅してしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン