サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > KTM、2チームの2022年型MotoGPマシン『RC16』公開。ファクトリーチームのカラーリングに変更も

ここから本文です

 1月27日、KTMはロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦している『レッドブルKTMファクトリー・レーシング』と『テック3KTMファクトリー・レーシング』が2022年シーズンに使用するマシン『RC16』のカラーリングを公開した。

 KTMは2017年にMotoGPクラスの参戦を開始し、MotoGPマシンのKTM RC16を使用して2チーム4台体制で参戦している。

レミー・ガードナー、2022年はテック3KTMからMotoGPに昇格。父は1987年500cc王者のワイン・ガードナー

 ファクトリーチームであるレッドブルKTMファクトリー・レーシングは、ブラッド・ビンダーとミゲール・オリベイラが継続参戦となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ