サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、タイヤ内圧の監視を強化。次戦フランスGPから走行後のタイヤもチェックへ

ここから本文です
 F1第6戦アゼルバイジャンGPで、ランス・ストロール(アストンマーチン)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が相次いでタイヤトラブルに見舞われた。これを受けて、タイヤを供給するピレリは調査を実施。その結果、新たなプロトコルを導入し監視を強化することが決まったようだ。

 当初はデブリがトラブルの原因ではないかと考えていたピレリは、調査の結果タイヤの使い方がインシデントの原因になったと結論づけた。

おすすめのニュース

サイトトップへ