サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラEロンドンePrixレース2決勝:まさかこんなことが……SCを活かした頭脳的”奇襲”でトップチェッカーのディ・グラッシは失格。優勝はリン

ここから本文です

 フォーミュラEの第13戦ロンドンePrixのレース2が行なわれ、マヒンドラのアレックス・リンが優勝を手にした。トップでチェッカーを受けたのはアウディのルーカス・ディ・グラッシだったが、失格処分となった。

 前日行なわれた第12戦に引き続き、2日連続開催となった今回のロンドンePrix。舞台はExCeLセンターの立体駐車場で、メインストレートやピットレーンは屋内、それ以外が屋外という特殊なレイアウトである。

■フォーミュラEロンドン・レース2予選:バンドーンPP獲得。前日失格の雪辱……日産ローランド2番手

 レース序盤を支配したのは、メルセデス勢だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ